000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

テイキン・ケア・オブ・ビジネス

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介テイキン・ケア・オブ・ビジネス

慎重にして大胆なプレイで演奏を引っ張っていくラウズをとらえた代表作
チャーリー・ラウズは職人である。

タッド・ダメロン、ジェリー・マリガン、ジョン・ルイス、
クインシー・ジョーンズといった作編曲家が絡んだ大型バンドの一員としての
仕事をソツなくこなし、セロニアス・モンクの、跳躍の多いメロディラインを
ピアノとユニゾンで一分のスキもなくあわせる。
よほどのテクニックと協調性があるとしか考えられない。

だからおいらは、彼を巷で言われているような“イモ”だとは思わない。


ただ、アドリブがヴァリエーションに乏しく、やたらと“タッティラッタラ♪”と言う
マンネリ・フレーズが出てくるのは勘弁ねがいたいが。

リーダー作の数は多くないけれどバラード中心の『ヤー!』、メロディを軽くフェイクするだけの
ブルーノート盤『ボサ・ノヴァ・バッカナル』が人気を二分していると言うのも納得できる。

メロディ演奏にかけてはチャーリー・ラウズはまごうことなき名人なのだ。

ところがこのジャズランド盤は、チャーリー・ラウズが血ヘドを吐くまで、アドリブを
インプロヴァイズをやりまくると言う白熱の内容だ。

しかし彼は、手癖フレーズを避け、慎重にして大胆なプレイで演奏を引っ張っていく。
ソニー・ロリンズですら顔面蒼白に違いない。


テイキン・ケア・オブ・ビジネス
他の人のレビューを読む(PC専用)


ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ

SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネス   
     


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.