797819 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

6・ピーシズ・オブ・シルヴァー

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介6・ピーシズ・オブ・シルヴァー

自分の作曲能力をフルに生かせる人材を得て快進撃開始!
まずは「セニョール・ブルース」
1956年にメンバーを引き連れてジャズ・メッセンジャーズを
辞したホレス・シルヴァーは、とりあえずドラマーに
ケニー・クラークを起用して『シルヴァーズ・ブルー』を
収録。 しかし、この直後ケニー・クラークが渡仏。
ルイ・ヘイズをドラムにクインテットを結成した。

そのバンドで放った第1作が「セニョール・ブルース」で
有名な本アルバムだ。


この人気曲はビル・ヘンダーソンが歌ったヴァージョンも存在し、
シングル・レコードとして発売されたことがある。

ジャズ・メッセンジャーズを離れたホレス・シルヴァーは自分の作曲能力を
フルに生かすために、器用なドラマーを探していた。

アート・ブレイキーは鷹揚で熱いドラミングが信条だが
器用なタイプとは言えない。
そこへ行くと当時まだ十代だったルイ・ヘイズは、複雑なラテン・リズムも
こなすことができる逸材だった。

本アルバムでも、ドナルド・バードやハンク・モブレーが
ハードバップ・スピリットを遺憾なく発揮している。
これ以降『フィンガー・ポッピン』『ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ』
『ソング・フォー・マイ・ファーザー』など
ファンキーなヒット作を数々生み出していく。
(参考アルバム参照されたし)

このアルバムからホレス・シルヴァーの快進撃は始まったのだ。

6・ピーシズ・オブ・シルヴァー/ホレス・シルヴァー
他の方のレビューを読む(PC専用)
6・ピーシズ・オブ・シルヴァー+3/ホレス・シルヴァー
加筆・修正したうえで転載
今の気分! 魅力も参照されたし




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
fc2版 音楽系サイト・ブログランキング





楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァー    


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.