800889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

プレゼンティング・アーニー・ヘンリー

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介プレゼンティング・アーニー・ヘンリー

アクのあるヴィブラートを強調した個性を遺憾なく発揮した
アーニー・ヘンリーの代表作
アーニー・ヘンリーの初期のソロは1947年の
ダメロン~ナヴァロのブルーノート盤で聴く事ができるが
当時チャーリー・パーカーのそっくりさん的プレイ
だったのに比べ9年後に録音された、本アルバムでは
アクのあるヴィブラートを強調した個性を遺憾なく
発揮している。

彼の特徴はヴィブラートにあるが、スローでは、よく
分かるもののテンポが早くなるとヴィヴラートと認識される
以前に次の音に移ってしまうため、一聴、音程が悪いように


聴こえてしまう。

これは決して彼が下手なのではなく、チャーリー・パーカーのコピーから
脱しようと努力した結果、身につけた個性である事が1947年のソロが
はるかに教科書的吹奏であることから分かるのである。

このアルバムで1つ気になるのが、アート・テイラー
ドラムセットの調律の低さだ。
他のアルバムでは聴けない変わったスネアドラムの音なので、
ブラインドフォールドテストではなかなかテイラーであることを
当てるのは難しいだろう。

かく言うおいらも、ひょっとしたら別の人が叩いているのではないかと
疑っているのだけれど(笑)。




プレゼンティング・アーニー・ヘンリー
(視聴有)

他の方のレビューを読む(PC専用)





ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
fc2版 音楽系サイト・ブログランキング





楽天市場




ジャズアルバム紹介紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリー   


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.