800984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク

1950年代チェット・ベイカーの硬派バップ作品として最右翼に挙げられるべき名盤
チェット・ベイカーはジェリー・マリガンのカルテットで
ウェスト・コースト・ジャズの代表選手として世に出たが
1950年代当時の彼が考えるジャズとは、ふんわりと優しい
ウェスト・コーストのアンサンブルよりも硬派なプレイを
志向していたことがパシフィック盤の諸作で検証できる。
(名盤「チェット・ベイカー・シングス」はレコード会社の戦略商品だった)

親分のジェリー・マリガンがウェスト・コースト・ジャズが満開になろうと
する1954年には早々にニューヨークへ帰ったのと同様
チェット・ベイカーも2年遅れて西海岸に見切りをつけた。


ヨーロッパ巡業を終えてニューヨークで活動を始めた彼は、リヴァーサイド
多くの吹込みを行ったが、以前売れ線軟派作品が多かった。

本作は、1950年代チェット・ベイカーの硬派バップ作品として最右翼に挙げられる名盤で
ジャズ・プロデューサーの良心を自認するオリン・キープニューズが、この手の作品を
何故もっと多く制作しなかったのか残念に思うことしきりである。

ジョニー・グリフィンを加えたクインテットの素晴らしさは言うに及ばずマイルス・ディヴィスを
露骨に意識して対抗した「Solar」 「When Lights Are Low」のワン・ホーンで垣間見せる内に
燃える闘志がすごい。

チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク
レビューを読む(PC専用)




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
fc2版 音楽系サイト・ブログランキング





楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク    
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.