692879 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア

バップに次ぐ新しいスタイルとして打ち上げた幻の「ペック奏法」を知る唯一の資料
ジョージ・ウォーリントンは40年代に白人として最初にバップに取り組んだ
進取の気性に富んだピアニストとして知られるが、55年に彼がジャズクラブの
ボヘミアで旗揚げしたオール黒人サイドメンによるバンドは、彼が考案した
「ペック奏法」をバップに次ぐ新しいスタイルとして普及せしめんという
野望があった。

-featuring The Peck-とジャケットに書かれたこの作品は
幻の「ペック奏法」を知る唯一の資料なのである。


いま聴いてみると、それはキツツキがつつくような断片的な音で、
アルト・サックスのジャッキー・マクリーンとトランペットのドナルド・バードが
アンサンブル部分で集団即興演奏を行っているに過ぎずハードバップやモードのように
ジャズの根幹を変えるようなニュー・スタイルには全くなりえないことが誰にでも分かるが
当時としては本気だったのだろう。

彼もこの一見不器用にしか聴こえない「ペック奏法」を次の作品以後、二度とアンサンブルに入れる事は
無くなり、これは大失敗の事件に終わってしまったが、それ以外の大部分の演奏内容は
「超一流のハードバップ」であったために、本アルバムは「モダンジャズの名盤」として
長く歴史に刻まれることとなった。




ジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア
レビューを読む(PC専用) (視聴有)




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
fc2版 音楽系サイト・ブログランキング





楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア   
     


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.