799990 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ブッカー・リトル

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ブッカー・リトル

モダニズムに彩られた天才肌のトランペッター、ブッカー・リトルの魅力が端的に伝わる逸品
マックス・ローチのコンボに加わったのが1958年6月。
そして他界するのが61年10月とわずかに3年4ヶ月の
活動期間しかなかったブッカー・リトルだが、その間の
プレイは短期間のうちに燃焼しきったかに見えるほど
想像性豊かで新鮮な演奏を繰り広げている。

いわば天才肌のジャズマンなのだが、その事を端的な形で
表しているのが本作だ


さらりとまとめすぎていると思えるほどしつこさを感じない、簡潔な演奏なのだが
その中で極めて斬新なソロを展開している。

オリジナルの「マイナー・スイート」での、イントロからテーマへの移行は
なかなか他のジャズマンにはマネできないカッコよさだ。

また、スタンダード曲「フー・キャン・アイ・ターン・トゥ」での曲の解釈は
ブッカー・リトルがいかにモダニズムに彩られたプレイヤーであるかがわかる

難解な手法を、いともクールにこなすブッカー・リトルは、クラシック音楽にも
造詣が深かったと言われるが重厚なサウンドの『アウト・フロント』に
併せて聴くと、そうしたことが実感できるはずだ。

それにしても、クリフォード・ブラウンといい、マックス・ローチと組んだ
トランペッターは、なぜこんなに早く他界してしまうの?

ブッカー・リトル/ブッカー・リトル
他の方のレビューを読む(PC専用)




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
fc2版 音楽系サイト・ブログランキング





楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトル 
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.