000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

オール・メンバーズ

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介オール・メンバーズ

ドーハムやマイルスの影響が認められるリリカル・スタイルのトランペッター
はっきり行って、本アルバムをドン・スリート目当てに
買う人はあまりいないのではないかと思う。

なんせ、ドン・スリートの名前も聞いたこともないし、もちろん、どんな
演奏をするかなんて、知りもしないと言う人が圧倒的だから仕方ない。
なんせ、本アルバムを含めて3枚しかないほどだ。

だが本アルバム、ピアノウィントン・ケリーベースロン・カーター
ドラムジミー・コブ、そしてテナーサックスジミー・ヒースと言う
豪華な顔ぶれで、もうそれだけで「買ってみようかな」と思ってしまう。


このへんはプロディーサーの策略なのか、ドン・スリートの実力なのか…。

インディアナ州フォートウェイン生まれのドン・スリートは、ショーティ・ロジャースに学び
テリー・ギブスのビッグバンドで修行しており、この吹き込みの直前にはブルー・ミッチェルにも
腕を認められたと言う実力派だ。

演奏を聴くと、ケニー・ドーハムマイルス・デイヴィスの影響を色濃く感じさせる。
冒頭の「ブルックリン・ブリッジ」でのドン・スリートのソロを聴くと、もろにケニー・ドーハム
影響を受けているのが分かる。

ドン・スリート自身の持つリリカルなスタイルが堪能できるのは「バット・ビューティフル」。

アルバムを通してのウィントン・ケリーの絡みも絶品だ。


オール・メンバーズ/ドン・スリート




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトルトゥルー・ブルー
ブルートレインオール・メンバーズ   


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.