000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ボヘミア・アフター・ダーク

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ボヘミア・アフター・ダーク

ニューヨークの新ジャズ名所ボヘミアのハプニングを再現。
ペティフォード作の美旋律テーマにも定評
ボヘミア」は1955年春にグリニッジヴィレッジに
オープンしたばかりだが、フレッシュなジャズが聴ける店
として早くもジャズ名所として浮上した。

オスカー・ペティフォードが音楽ディレクターとなり
ケニー・クラークホレス・シルヴァーを擁する
ハウス・バンドを率いていた。

6月のある夜、レギュラーのリチャードソンが遅刻。
客席にはジャッキー・マクリーンフィル・ウッズ


いたが、ここぞとばかりに飛び入りしたのは、フロリダから出てきたばかりの
キャノンボール・アダレイ。 彼はそのままレギュラー化。
ケニー・クラークの録音にも新鋭ドナルド・バードと共に起用されて
誕生したのが、本アルバムである。

その歳の3月にはチャーリー・パーカーが急死(34歳)していたが
ジャズ界は新しいタレントを見出した。

本アルバムではベースポール・チェンバースだが
他はオスカー・ぺティフォードのサイドメンと言える顔ぶれである。

哀愁の美旋律が今も愛されているオープニング曲は
オスカー・ぺティフォードが作曲した。

後にファンキー・ジャズの総帥となるキャノンボール兄弟の
それぞれの資質とビバップが未分離の、まさに何かが始まろうとしている
ドキュメンタリーな演奏集だ。

しかし、ジャケットがイタダケナイ。
昔の方が良かったと思うのは、おいらだけだろうか?




ボヘミア・アフター・ダーク

ちなみに、昔のアルバムジャケットがこちら




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





楽天市場




ボヘミア・アフター・ダーク ジャズアルバム紹介



ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトルトゥルー・ブルー
ブルートレインオール・メンバーズボヘミア・アフター・ダーク  
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.