799984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

The Book Cooks

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介The Book Cooks

テキサス・テナーの系譜に連なるタフなサウンドでチャーリー・ミンガスに貢献したテナーの初リーダー作
チャーリー・ミンガスはコンポーザーとしてきわめて優れた人だったし
自作の実現のためにメンバーに対して率直にものを言って要求した。

メンバーたちは内心はどうあれ、結果的に音楽的に鍛えられた。
本アルバムの主人公ブッカー・アーヴィン もその一人だ。

1955年アーニー・フィールズのR&Bバンドでプロ入りした後、1958年に
ニューヨークに進出しホレス・パーランらの引きでミンガス・グループに
参加し、1962年まで過ごしている。


エリック・ドルフィーやテッド・カーソンとフロントを担っていた頃に
同僚ダニー・リッチモンドも誘って録音した初リーダー作が本アルバムである。

テキサステナーの系譜に連なる黒くタフなテナー・スタイルである。
ジョン・コルトレーンの影響もあるが、アドリブはもっとメロディックだ。
それも独特のエモーショナルな語り口。
重厚なランニング・ベースのイントロで始まる1曲目は
チャーリー・ミンガスを連想させる。

なぜかズート・シムズも参加していて、やけに黒いプレイを聴かせる。
トミー・フラナガン(トミフラ)までもが異様に黒い。
考えてみたらトミフラはミンガス・シンパだ。
トミー・タレンタインもミンガスOBだった。

ブッカー・アーヴィン はしばらく後にホレス・パーランと
『プレイハウス・フォー』を結成する。




The Book Cooks/ブッカー・アーヴィン 視聴有




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトルトゥルー・ブルー
ブルートレインオール・メンバーズボヘミア・アフター・ダークハロルド・イン・ザ・ランド・オブ・ジャズウェスト・コースト・ウェイラーズ
テイラーズ・ウェイラーズThe Book Cooks   


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.