797405 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

グランド・スタン

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介グランド・スタン

西のリズムを支えたスタン・リーヴィーがリーダーになると
胸のすく爽快なバップ・セッションが生まれる
スタン・リーヴィーは、タイニー・カーン
シェリー・マンと並んで最も初期にバップを体得した
白人モダン・ドラマーのひとりだ。
スピード感にあふれる叩き方で西海岸派のリズムを
支えてきた功労者である。

サイドマンとしての吹き込みがほとんどだが
ベツレヘムとモードと言うレーヴェルにリーダー作があり
いずれも胸の空く爽快なバップに仕上がっている。


同じものを黒人が演奏すれば当然ハードバップと呼んだのであろうこの音楽が
ウェスト・コースト・ジャズと定義されてきたのは、フレーズが同じでも
実際に体感する雰囲気が軽く明るく白かったからに他ならない。

本アルバムは6人編成のバンドだが全員のソロが聞けるのはAB面の4曲目だけで
他は各メンバー個人を特別にフィーチャーした構成になっている。

この作品で日本人ジャズファンに最も注目される点は黒人ソニー・クラークの
参加だろう。 ニューヨークブルーノートと契約する以前のソロが
「Why Do I Love You」で全面的に聴ける。

ブルーノート・アーチストたちの中でソニー・クラークは
最もアクの少ないタイプだったことから、アメリカでは人気が低かったが
こうした白人セッションの中で聴くソニー・クラークは実にマッチしている。

奏法自体はニューヨーク時代も変わっていないことを考えると
彼の本質を考える上で大きな参考になりそうだ。

グランド・スタン/スタン・リーヴィー




ランキング参加中です
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く





楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトルトゥルー・ブルー
ブルートレインオール・メンバーズボヘミア・アフター・ダークハロルド・イン・ザ・ランド・オブ・ジャズウェスト・コースト・ウェイラーズ
テイラーズ・ウェイラーズThe Book Cooksザッツ・イットグランド・スタン 
     


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.