797951 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

ブルース・フォー・ドラキュラ

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介ブルース・フォー・ドラキュラ

“ハードバップ界の名盤製造器”ドラマーの
異色構成アルバムだが、中身は極上プレイ集
1923年生まれと言うからマックス・ローチよりも年上ではあるものの
フィリー・ジョー・ジョーンズの名が知れ渡ったのは
50年代半ばのマイルス・デイヴィスのクインテットに迎えられてから。

言ってみれば“遅咲きのドラマー”だったわけだが、それからの活躍が凄い。
こう言うドラミングを求めていたんだ! とばかりに、多くのプレイヤーが
フィリー・ジョー・ジョーンズをセッションに招き、彼もそれに応えて
天衣無縫そのもののスティック・ワークで、あらゆるソリストの
闘志に火をつけた。


まさに“ハードバップ界の名盤製造器”と化していたフィリー・ジョー・ジョーンズだが
リーダー作も58年の本作、59年のビッグバンド作品『ジャズ・アラウンド・ザ・ワールド』、
60年の『フィリー・ジョーズ・ビート』と言う具合に順調にリリースしている。

中でも本アルバムはフィリー・ジョー・ジョーンズによるドラキュラ伯爵のモノマネで
幕を開けるという移植の構成と、カラフルなジャケットで人気が高い。

フィリー・ジョー・ジョーンズに煽られてジョニー・グリフィンナット・アダレイ
終始、ハイテンションだ




ブルース・フォー・ドラキュラフィリー・ジョー・ジョーンズ




ブルース・フォー・ドラキュラ に加筆・修正を加え転載。




ランキング参加中です
いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
Fc2版 音楽系サイト・ブログランキング




楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトルトゥルー・ブルー
ブルートレインオール・メンバーズボヘミア・アフター・ダークハロルド・イン・ザ・ランド・オブ・ジャズウェスト・コースト・ウェイラーズ
テイラーズ・ウェイラーズThe Book Cooksザッツ・イットグランド・スタンデイヴィス・カップ
スペルバウンドヴァルス・ホット~ジャズ・イン3/4タイムメイン・ストリーム1958マイルストーンズイントロデューシング・ウェイン・ショーター
ブルース・フォー・ドラキュラ    


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.