800904 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なんちゃってジャズマンのジャズ日記

マル-2

なんちゃってジャズマンのジャズ日記ジャズアルバム紹介マル-2

マル・ウォルドロンの作風に当てられてジャッキーマクリーンとビル・ハードマンがよじれるスリル
ブルーノートホレス・シルヴァーがいたように、プレスティッジには
マル・ウォルドロンがいた。

ホレス・シルヴァーは57年以降、レギュラー・クインテットの活動に専念し
ハウス・ピアニストはソニー・クラークに譲ってしまうわけだが
マル・ウォルドロンは大歌手ビリー・ホリデイの伴奏者として
収入を確保しつつ、60年代初頭までプレスティッジ系セッションで
ピアノ/作曲/編曲の腕を振るった。


一連のプレスティッジ・オールスターズ作品はマル・ウォルドロン
貢献抜きに語ることができない。

そちらでのマル・ウォルドロンは、いわゆる典型的なハードバップ・サウンドを意識している所も
無きにしもあらずだがリーダー作での彼はちょっと違う。

やっぱりチャーリー・ミンガス門下生だなぁと思わせるとぐろを巻くようなサウンドは
50年代のミンガスセロニアス・モンクと同じくらい、定義づけを拒んでいる。

本アルバムは彼のセカンド・アルバムに当たるが、ビル・ハードマンジャッキー・マクリーン
いった“ハードバッパー”(とはいえ彼らもミンガス・バンド出身)がマル・ウォルドロン
【毒気】に当てられて、よじれたソロを展開するあたり、今も色あせないスリルがある。




マル-2/マル・ウォルドロン 視聴有




ジャズアルバム紹介 マル-2/マル・ウォルドロンに加筆・修正を加え転載。




ランキング参加中です
いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ 音楽系サイト・ブログランキング

音楽系アクセスランキング アクセスランキングCYBERSEEK 人気UPランキング > 音楽・着メロ SMART RANKING
なんちゃってジャズマンのジャズ日記なんちゃってジャズマンのジャズ日記TOPに行く
Fc2版 音楽系サイト・ブログランキング




楽天市場




ジャズアルバム紹介一覧
ブルース・エットウィズ・クリフォード・ブラウンクール・ストラッティンダイアルJ.J.5ザ・クッカー
ソウルトレーンホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズビッグ6ジャッキーズ・バッグアンダーカレント
ジャズ・バイ・ジー!ジャズ来るべきものソウル・ジャンクションリラクシンスピーキン・マイ・ピース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴスイング・スワング・スインギンジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレルブルーズ・ムーズフライト・トゥ・ジョーダン
Bash!ラウンド・アバウト・ミッドナイトデトロイト・ニューヨーク・ジャンクションニュー・トロンボーンウォーキン
ヒア・カムズ・ルイ・スミスセレナーデ・トゥ・ア・バス・シートザ・キャッツウェイリング・ウィズ・ルーゴーイン・アップ
チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン10トゥ4アット・ザ・ファイヴ・スポットザ・マンア・ブローイング・セッションサキソフォン・コロッサス
4,5&6テイキン・ケア・オブ・ビジネスペッキン・タイムジュニアズ・クッキンソング・フォー・マイ・ファーザー
スウィンギング・サウンズブラウン=ローチ・クインテット・アット・ベイズン・ストリートザ・レイ・ドレイパー・クインテット・フィーチャリング・ジョン・コルトレーンバーズ・アイ・ヴューウェイ・アウト!
6・ピーシズ・オブ・シルヴァープレゼンティング・アーニー・ヘンリージジ・グライス&ザ・ジャズ・ラブ・クインテットI Play Tromboneミート・ザ・ジャズテット
チェット・ベイカー・イン・ニューヨークジョージ・ウォーリントン・ライヴ・アット・カフェ・ボヘミアボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントンブッカー・リトルトゥルー・ブルー
ブルートレインオール・メンバーズボヘミア・アフター・ダークハロルド・イン・ザ・ランド・オブ・ジャズウェスト・コースト・ウェイラーズ
テイラーズ・ウェイラーズThe Book Cooksザッツ・イットグランド・スタンデイヴィス・カップ
スペルバウンドヴァルス・ホット~ジャズ・イン3/4タイムメイン・ストリーム1958マイルストーンズイントロデューシング・ウェイン・ショーター
ブルース・フォー・ドラキュラドナルド・バード・アット・ザ・ハーフ・ノート・カフェバグス・ミーツ・ウェス!マル-2 


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.