189246 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma@ Re[1]:大嘗宮 2019.11(11/24) ちゃげきさんへ 夏油温泉、南昌荘、八幡…
ちゃげき@ Re:大嘗宮 2019.11(11/24) 自分も見に行きたかったです。
araiguma321@ Re[1]:与一温泉 2019.11(11/04) kiki ☆さんへ こちら、ご存知でしたか。さ…
kiki ☆@ Re:与一温泉 2019.11(11/04) 一度しか訪問した事がありませんが、大好…
araiguma@ Re[1]:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) うしまるさんへ  五重塔にも造詣が深い!…
うしまる@ Re:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) 日本国内に現存する五重の塔が80以上 その…
araiguma@ Re[1]:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) kiki ☆さんへ ブログ、拝見してます。台…
kiki ☆@ Re:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) 岡山もいいですね^_^ 高速使って片道7時間…

Favorite Blog

日光の「くじら食堂… New! ささだあきらさん

盛岡市動物公園に行… New! ちゃげきさん

日和田山(埼玉・日高… New! たけB777さん

『真壁家の相続』朱… ばあチャルさん

大嘗宮から迎賓館 momo、ときどきモモ夫さん

とりあえず、富士山! kiki ☆さん

続日本100名城巡り 1… CANON BOYさん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
うしまる日記帳 うしまる@さん
のほほん一人旅行記 のろっこ3さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(66)

温泉

(96)

Jan Garbarek

(174)

(12)

映画

(27)

(168)

poem move

(3)

コンビニ

(3)

ラジオドラマ

(1)
Feb 9, 2015
XML
テーマ:私の図書(48)
カテゴリ:
桜色の魂 長田渚左 2014年
 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか

 世界最高の水準に到達した体操人は、互いに敬慕し合うる人格を備えているらしい。最高域の演技とは、高貴で真摯な人格を備えていなければなしえないことのようで、成し遂げられた演技は、文化や言語を超えた人間性の証となるらしい。この領域で日本体操陣とチャスラフスカは心が通じたらしい。まさに、以心伝心、意気投合したようです。

 遠藤幸雄の生い立ちと見事な振る舞い、公正公平な日本人国際審判員、失敗して点数にかかわりがなくなっても最高の演技を日本人観衆に見せるチャスラフスカ、感動して家宝の日本刀を贈る一介の日本人、魂のこもったものとして大切にするチャスラフスカ、ローマ、東京、メキシコと心ふるえるオリンピックであります。

 さらに、この後の激動の歴史の中で、信念を貫き通した波乱の人生は、圧倒的です。プラハの春、自由化宣言への署名、ワルシャワ条約機構軍によるチェコスロバキア制圧、共産党による21年に及んだ弾圧(署名撤回宣言の執拗な要求、仕事締め出し、秘密警察の監視、偽名で掃除婦をしてしのいだ生計、弟の投獄と出獄後の自動車事故死、キューバへの石炭供給のソビエトとメキシコの密約条件でメキシコへ体操指導者として赴任)、家族の重なる不幸と帰国、夫のDVで家庭崩壊・離婚、ソビエトの崩壊、ビロード革命によるチェコスロバキアの自由化、自由化集会での演説、大統領補佐官への就任、息子が元夫を傷害致死、息子の実刑判決、マスコミの餌食、精神に異常、14年に及ぶ闘病、遠藤幸雄の癌、チャスラフスカの精神の復活、人生の支えとなった日本人・武士道への感謝、震災への慰問、被災の子供たちの招聘、偉人として遠藤幸雄を伝承と、感動の連続でした。

 共産主義に抑圧されたチャスラフスカが、耐え忍び、復活を遂げる姿は、21世紀後半の歴史の縮図そのもので、波乱万丈の武士道の貫徹との説明に心が震えました。今の日本人は、正しく理解して大切にしていけるかどうか気にかかります。






Last updated  Feb 17, 2015 09:27:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.