190212 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma@ Re[1]:大嘗宮 2019.11(11/24) ちゃげきさんへ 夏油温泉、南昌荘、八幡…
ちゃげき@ Re:大嘗宮 2019.11(11/24) 自分も見に行きたかったです。
araiguma321@ Re[1]:与一温泉 2019.11(11/04) kiki ☆さんへ こちら、ご存知でしたか。さ…
kiki ☆@ Re:与一温泉 2019.11(11/04) 一度しか訪問した事がありませんが、大好…
araiguma@ Re[1]:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) うしまるさんへ  五重塔にも造詣が深い!…
うしまる@ Re:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) 日本国内に現存する五重の塔が80以上 その…
araiguma@ Re[1]:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) kiki ☆さんへ ブログ、拝見してます。台…
kiki ☆@ Re:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) 岡山もいいですね^_^ 高速使って片道7時間…

Favorite Blog

盛岡で油そば食べま… New! ちゃげきさん

函南町の「源泉 駒の… ささだあきらさん

『わたし定時で帰り… ばあチャルさん

仙石原(神奈川・箱根… たけB777さん

初冬 富士山三昧ツー… kiki ☆さん

大嘗宮から迎賓館 momo、ときどきモモ夫さん

続日本100名城巡り 1… CANON BOYさん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
うしまる日記帳 うしまる@さん
のほほん一人旅行記 のろっこ3さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(66)

温泉

(98)

Jan Garbarek

(174)

(12)

映画

(27)

(168)

poem move

(3)

コンビニ

(3)

ラジオドラマ

(1)
Aug 13, 2015
XML
テーマ:私の読書(24)
カテゴリ:
答えは必ずある 人見光夫 2015年
 逆境をはね返したマツダの発想力

 業界初のロータリーエンジン量産化メーカー。1991年、ルマンでロータリーエンジン車でメルセデス、ジャガーを破って制覇した会社。技術的な野心を持ち、広島に居を構える自動車メーカー。話題となる大衆車、スポーツカーを時々作る会社。
 販売市場でもトップランナー集団に挑み、マーケティングに幻惑されたり、資本提携・技術提携を重ねたりしながら、浮沈を重ねた会社。
 製品は買いたたかれ、安くていい車でも残価は期待できないブランド。いずこも生き残りのグローバル立ち位置を作った時、取り残されたかのように広島に閉じこもった会社。連続赤字決算を繰り返し、もはや時間の問題かと思われた会社。

 ひと昔前、マツダの大方のイメージは、こんな感じでした。
 
 ところが、ここ数年、立て続けに目の覚める車を造り出し、なにやら伝統技術を革新して、仕立て直しているかのようでした。
 本書を読むと「保守的で、担当域に逃げ、できない理由を探して、忙しく無駄をする旧弊」を打破しようとしてきたようです。

 燃費と走行性能を目標にエンジン、車体、駆動装置の見直しをしたようです。シンプルに観察して、後追いの対症療法ではない根本治療法を求めて、大きく振った実験を重ね、解決のトップピンを見つけるアプローチであったと言います。壁を取り払ってやっていれば自ずと答えは見つかり、いつだって答えはシンプルで、全体最適に考えればできるそうです。これを世界一の性能を目指してやっているそうです。今も途上で、理想追求は止めないと、てらうことなく言います。

 推進できたのは、ロードマップを示し、決意を示すリーダーシップであると言います。

 HARD THINGSで、著者のホロウィッツは、リーダーの資質は、ビジョンをイキイキと描写できる能力(スティーブ・ジョブス)、正しい野心(ビル・キャンベル)、ビジョンを現実化する能力(アンディー・グローブ)だと言ってました。そして、なすべきことを会社に実行させる能力があるかどうかをCEOは問われていると言ってました。やるときは、人、製品、利益の順で大切にしろとも言ってました。なにやら日本の一昔前のいい会社に似ているようで、いい会社の万国共通の経営規範のようです。

 HARD THINGSをかいくぐってきたマツダは、てらわず、自らの理想を追い求めるこんな会社に変わっていたような気がしてきました。






Last updated  Aug 18, 2015 07:06:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.