189415 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma@ Re[1]:大嘗宮 2019.11(11/24) ちゃげきさんへ 夏油温泉、南昌荘、八幡…
ちゃげき@ Re:大嘗宮 2019.11(11/24) 自分も見に行きたかったです。
araiguma321@ Re[1]:与一温泉 2019.11(11/04) kiki ☆さんへ こちら、ご存知でしたか。さ…
kiki ☆@ Re:与一温泉 2019.11(11/04) 一度しか訪問した事がありませんが、大好…
araiguma@ Re[1]:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) うしまるさんへ  五重塔にも造詣が深い!…
うしまる@ Re:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) 日本国内に現存する五重の塔が80以上 その…
araiguma@ Re[1]:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) kiki ☆さんへ ブログ、拝見してます。台…
kiki ☆@ Re:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) 岡山もいいですね^_^ 高速使って片道7時間…

Favorite Blog

箱根は結構台風の影… New! ささだあきらさん

盛岡食堂でボリュー… New! ちゃげきさん

『大事なことほど小… New! ばあチャルさん

日和田山(埼玉・日高… たけB777さん

大嘗宮から迎賓館 momo、ときどきモモ夫さん

とりあえず、富士山! kiki ☆さん

続日本100名城巡り 1… CANON BOYさん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
うしまる日記帳 うしまる@さん
のほほん一人旅行記 のろっこ3さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(66)

温泉

(96)

Jan Garbarek

(174)

(12)

映画

(27)

(168)

poem move

(3)

コンビニ

(3)

ラジオドラマ

(1)
Aug 18, 2015
XML
テーマ:私の読書(24)
カテゴリ:
「スイス諜報網」の日米終戦工作 有馬哲夫 2015年
 ポツダム宣言はなぜ受け入れられたか

 公文書に一次資料を求め、当時の議論と情勢判断を辿り、誰がどんな目的で惨劇を決めたのかが解き明かされていた。
 教条に我田引水で歴史を切り刻む解説や、新聞社による捏造報道がまかり通ってきたため、本当であるのか、注意しながらの読書となることがあり、それはあまり楽しいものではないが、今回は、少し、安心して読んだ。

 藤村義郎海軍中佐のスイスでの終戦工作の武勇話が、戦後、スタンドプレー性癖のある本人が主導したフィクションであったとは、またも残念な気がした。ドクター・ハックの努力については事実のようで、尊崇の念が壊れずにすむようでよかった。
 藤村元海軍中佐は、戦後、スイス時代の米人との人脈からCIAの日本支局と関係を持つ人物であったらしい。同人のスイスの終戦工作話は、アメリカの対日プロパガンダに加担したものであったらしいと著者は言う。スイスで動いていた朝日新聞の笠信太郎も、戦後、CIAとの関係をもつ人物らしい。両人の存念の程はわからないが、豹変ぶりには驚くばかりだ。真実かどうかは別としてもなんらかの理解を日本人にさせる活動がなされていたらしい。

 アメリカの中枢に日本を理解した者がいて、戦争を停止させるために天皇制の存続を唱え、原爆投下とソビエト参戦を阻止しようと早期終戦に努力したことを知り、驚いた。自らの統治戦略に天皇制存続を嵌め込んだだけかと思っていたが、防共の為のソビエト侵出阻止と、原爆による殺戮回避が彼らの心中にあったらしい。

 開戦に至る、アメリカの情報戦成果と国内向け開戦プロパガンダの巧妙さは、伝え聞いていたが、終戦においても手を尽くしたようだ。
 トルーマンが、ポツダム会議の最中に原爆実験成功を秘密裏に報告を受け、以後、スターリン、チャーチルを主導する態度に変化したとのくだりは、核兵器を持った指導者の素顔をみるようだ。これは、今でも変わらない核保有国の態度にもなるわけだ。トルーマンは、原爆により終戦させる形をとることを決意し、タイミングを計り、実行したそうだ。
 原爆使用を審議する米軍の暫定委員会の長でもある長老の陸軍長官の考えは、米軍死者6万人以上と予想される九州上陸作戦を行う前に日本を降伏させたい。その為には原爆の使用も、ソ連の参戦もかまわないというものであったそうだ。使用にあたっては、無警告で行い、多くの住民に深い心理的心象を与え、多くの労働者が働き労働者の住宅に囲まれた重要軍事施設を対象とし、数十万人の一般市民の殺戮を承認したとある。
 更に反共の政治家は、ソビエトに脅威を与えるために大量破壊と殺戮が必要としたとある。
 許されない。

 日本の壊滅を阻止せんと対米ルートでの早期降伏を画策するハック、アラン・ダレスの先には、国務次官のジョセフ・グルーがいて、彼は滞日10年の知日派で、原爆とソ連の参戦を阻止する為、天皇制存置を認めると日本に示し、早期に降伏をさせようと画策したらしい。トルーマンは、これを退けたそうだ。

 長老の陸軍長官は、軍事顧問達が提案した京都を第一候補とする案を退け、対象からも外させたと言う一連の公文書が残っているそうだ。退けた理由は、京都への投下は、アメリカとの和解を不可能にするからだとの判断であったそうだ。

 理解する人は退けられ、理解させる人種に、思い知らされたことになるのか。






Last updated  Aug 22, 2015 11:00:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.