186577 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma321@ Re[1]:与一温泉 2019.11(11/04) kiki ☆さんへ こちら、ご存知でしたか。さ…
kiki ☆@ Re:与一温泉 2019.11(11/04) 一度しか訪問した事がありませんが、大好…
araiguma@ Re[1]:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) うしまるさんへ  五重塔にも造詣が深い!…
うしまる@ Re:備中国分寺 総社市 2019.10(10/20) 日本国内に現存する五重の塔が80以上 その…
araiguma@ Re[1]:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) kiki ☆さんへ ブログ、拝見してます。台…
kiki ☆@ Re:桃太郎温泉 貸切風呂 岡山市 2019.10(10/19) 岡山もいいですね^_^ 高速使って片道7時間…
araiguma@ Re[1]:吹屋 銅山と弁柄の産業盛衰史(10/16) うしまるさんへ  おっしゃるとおりの登…
うしまる@ Re:吹屋 銅山と弁柄の産業盛衰史(10/16) 高梁市の山の中に、突如現れる赤い町並み…

Favorite Blog

『犬婿入り ペルソ… New! ばあチャルさん

海鮮居酒屋楽酔が1… New! ちゃげきさん

奥高尾縦走(陣馬山… New! momo、ときどきモモ夫さん

これは無理!美味し… ささだあきらさん

高峰温泉は霧氷の朝… kiki ☆さん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん
Canon Boy のブログ CANON BOYさん
うしまる日記帳 うしまる@さん
のほほん一人旅行記 のろっこ3さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(65)

温泉

(95)

Jan Garbarek

(174)

(12)

映画

(27)

(168)

poem move

(3)

コンビニ

(3)

ラジオドラマ

(1)
Oct 16, 2019
XML
カテゴリ:Tour
吹屋にあるベンガラ館の受付のお婆さんによると、吉岡(吹屋)銅山は、807年に発見されたと伝えられていて、その千年後、銅山の捨石であった硫化鉄鉱がローハの原材料となることが発見され、ローハから弁柄を製造する技術が1761年には確立され、弁柄の生産が吹屋で本格化したそうだ。
 それから、大正時代まで大繁盛し、街は華やぐまでに活気づいていたそうだ。昭和の銅山の斜陽化により、昭和47年に銅山閉鎖、昭和49年に弁柄製造の停止となり、街から活気が失せてしまったそうだ。
 残された屋敷の数々は、往時の栄華を思い起こせる立派なものばかりだ。町並みが残され、過疎の地域が鉱山街の歴史遺産として地域の人々に大切にされていた。郷土史を教えてくれたお婆さんには、老いても克己の強い精神と、人々が去ってしまっても衰えぬ郷土愛に、頭が下がった。



高梁市吹屋

 残された建物の中でも特に大きい館、広兼家、片山家が見学できた。広兼家は、銅山経営、ローハ製造で財をなした庄屋だそうだ。その館の威容は目をみはるばかりで、庄屋の権勢を今も顕示しているかのようだ。一方、片山家は、ローハから弁柄の製造で隆盛を極めたそうで、建物は意匠に富んだ商家の典型的なものだそうだ。

別窓表示


別窓表示

 野田の高梨家や、水海道の坂野家など、農村部に残された庄屋の屋敷をいくつか見学したことがあったが、建物、庭、建具の数々から醸し出される風雅で穏やかな雰囲気にとても和んだ。さらに、飢饉や災害時の救民の功徳の事跡には、庄屋の人徳が農村の支柱になっていたのだろうと、安らかな精神の系譜を思ったりもしたのだが、広兼邸の見下ろされているように感じられる威風には、鉱山と鉱業の庄屋の威勢が表れていて、その生業の持つ荒々しさが反映しているのではなかろうかと感じた。
 建物にも、鉱山、商業、農業、それぞれの表情があった。



野田市高梨家






Last updated  Oct 26, 2019 11:56:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
[Tour] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:吹屋 銅山と弁柄の産業盛衰史(10/16)   うしまる さん
高梁市の山の中に、突如現れる赤い町並み「吹屋」ですね~

鉱山で栄えた街が、繁栄の後ひっそりと
消えていく姿は哀愁が漂います

北海道は、石炭炭鉱で栄えた街が
廃坑になって軒並み廃墟になってるんですよね
廃墟マニアには人気があるのですが(笑)

こんな感じで、昔の建物が残っていて
観光地化してると、消えてしまう心配がないですね!


ベンガラは、私的には、雪山の危険区域や
コースの方向を雪上に描く赤い粉といったイメージです

ペンキと違って、酸化鉄を山中でばら撒いても、
何も問題が無いので、大雪山系とか
レンジャーの皆さんが使用しています

動画は、鬼瓦にぴくっ!となってしまいました
ワタクシ鬼瓦フリークです(笑)





(Oct 17, 2019 08:23:21 PM)

Re[1]:吹屋 銅山と弁柄の産業盛衰史(10/16)   araiguma さん
うしまるさんへ

 おっしゃるとおりの登場で、異次元な山中の街との出会いでした。
うしまるさん、流石、よくご存じですねぇ。

 地域の人が大切にしている街で、訪問者も大切にしてもらいました。
食事をしたところで聞きましたが、街おこしで町屋ステイと洒落た取り組みが始まったそうで、ステイの来客を盛り上げようと若い人が居酒屋をやったそうですが、若い人もそのうちに去ってしまって、結局、地域のおばちゃん達で地の野菜を使った料理をあちこちの料理を研究してメニューを作って、cafeと称してやってますとおっしゃってました。

 手の込んだ料理で野菜や栗がとてもおいしかった。おまけで、ご自宅で朝採ってきた栗を生で初めて食べさせてもらいましたが、あまりのおいしさと、小気味のよい食感にびっくりしました。

 観光地として街を守っていこうとされてますが、とても心地よい観光地でして、郷土を大切にする思いがにじみ出てました。歴史的な遺産がある地として責任感があるようで、なんだかいいなぁと思いました。

 弁柄の様々な用途をみて、感心していたのですが、山のあの赤いマーカーもそうだったんですね。雪渓で何回かご厄介になった記憶があるのですが、環境配慮でベンガラ仕様とは思いもよりませんでした。

 山は登るだけでは、いけないのですね。踏み入れたらいろいろ大事にすべきものがありますね。

 知床の様子、拝見しました。いつか入ってみたくなりましたが、壊さないように心していないといけませんね。とても大きな遺産だと思います。 (Oct 18, 2019 08:52:29 PM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.