215711 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma321@ Re[1]:「無制限」で法令違反(06/21) うしまるさんへ  価格破壊の旗手には応…
うしまる@ Re:「無制限」で法令違反(06/21) 三大キャリアの牙城に食い込もうと楽天モ…
araiguma321@ Re[1]:「無制限」で法令違反(06/21) ちゃげきさんへ リスク対策を講ずるのが…
ちゃげき@ Re:「無制限」で法令違反(06/21) この様なサービス事業は必ず何かリスクが…
ちゃげき@ Re:開きました(06/10) これは貴重ですね。 とてもきれいに咲いて…
araiguma321@ Re[1]:与一温泉(06/09) kiki ☆さんへ  確かに坂でカーブしますの…
araiguma321@ Re[1]:与一温泉(06/09) ちゃげきさんへ  檜と石の湯船、そして泉…
kiki ☆@ Re:与一温泉(06/09) いいですね^_^ バイクを400ccから250ccに…

Favorite Blog

7月10日プールオープ… New! 潮彩きらら 祥吉さん

ツツジがとてもきれ… New! ちゃげきさん

DAZN2か月間視聴無料… New! 天女さんちさん

2020年4月~6月の読書 ばあチャルさん

川崎大師は通称だった momo、ときどきモモ夫さん

富士山〜甘々娘🌽〜は… kiki ☆さん

SUBARU XV STIパフォ… CANON BOYさん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん
出羽の国、エミシの… TERRY2015さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(73)

温泉

(103)

Jan Garbarek

(174)

(18)

映画

(30)

(170)

poem move

(3)

コンビニ

(8)

ラジオドラマ

(2)
May 31, 2020
XML
カテゴリ:
吉村昭の「ポーツマスの旗」で描きだされた小村寿太郎の人物像は、物・身なりへの執着はなく、質素で孤高な私生活を送り、家庭環境には恵まれず、自らの家庭も破綻し、職務においては舌鋒鋭く毒舌なるも、忍耐強く、限りなく献身的との印象だった。
 「冬の鷹」の前野良沢、「間宮林蔵」、「海も暮れきる」の尾崎放哉も、時代、仕事は違うものの、似た人物特性のように思う。「白い航跡」、「光る壁画」では、海軍の高木兼寛、オリンパス社の技師達の信念が迫ってきた。いずれの人物にも共通している点は、職務へのかぎりない献身と思う。
 この世には、私事を捨て職務に献身する人間がいるということを明らかにしていると思う。

 戦略的に正しい職務の遂行も、メディア・主義者の煽動により民衆には理解されず、社会の騒擾を生んでゆく様子が「ポーツマスの旗」でも描かれている。世論がやすやすと変転し、献身した者を貶めてしまう愚挙の歴史を知ることとなり、やるせなくもなるが、これと戦い職務を全うした人間の実存も事実であり、その事績には救われた気になれる。

 現代においても世論を騙る策動の数々が、新聞、テレビで流され続けており、憤りを感ずる日々だが、ネットワーク上には、職務への献身を事実として知れる媒体もあり、誤った情報による社会騒擾を回避できる可能性は確保されている。
 しかしながら、イデオロギーや特定の勢力の都合に合わせた情報操作の事例がネットワーク上でも頻発しており、これらを識別、抑止するには、事実を知りえる発信源をネットワーク上で支援し、守っていかなければいけないとつくづく思う。

 同書の巻末の解説で粕谷一希は、明治は、国家理性、国家意思を見事に形成したが、「民衆に石を投げられる中で、自己抑制に生きた小村と明治国家は崩壊し、松岡洋右のような派手なスタンド・プレーヤーが昭和国家に出現していった。」とあった。

 中国からの新型ウィルスによる被害の防止取り組みに対して、無責任な批判や煽動に終始するメディア、政治勢力をみるにつけ、繰り返される愚かな構図に寒くもなるが、ネットワークで調べればそれら勢力の底は簡単に知れる。
 今では、ネットワークの情報の中にこそ、信ずるべきメディアがあると思えた。







Last updated  Jun 1, 2020 11:20:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.