245281 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

Recent Posts

Comments

araiguma321@ Re[1]:日差山、石井山 備中 2021.1(01/17) うしまるさんへ 見晴らしいいとこに山城…
うしまる@ Re:日差山、石井山 備中 2021.1(01/17) 凄い見晴らしですね! 眼下に広がる人口…
araiguma321@ Re[1]:経山 備中、総社市 2021.1(01/11) うしまるさんへ よくご存知ですねぇ。 秀…
うしまる@ Re:経山 備中、総社市 2021.1(01/11) 秀吉と言えば「水攻め」! ٩(ˊᗜˋ*)و 日…
araiguma321@ Re[1]:丑 2021.1(01/01) うしまるさんへ 新年あけましておめでと…
うしまる@ Re:丑 2021.1(01/01) あけましておめでとうございます。 ジャー…
ちゃげき@ Re:水路観測所 2020.12(12/25) あけましておめでとうございます。 今年は…
araiguma321@ Re[1]:水路観測所 2020.12(12/25) うしまるさんへ 今年も北海道の様子を楽…

Favorite Blog

お土産に松阪牛カレ… New! 湯元榊原舘さん

まだ売っていたんだ(… New! かりんママ0529さん

夕やけこやけでの一夜 New! 潮彩きらら 祥吉さん

ロワ🐈便秘.. kiki ☆さん

あけましておめでと… 峠幾三さん

2020年の締めくくり さんけんろうさん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん
Canon Boy のブログ CANON BOYさん
出羽の国、エミシの… TERRY2015さん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(90)

(20)

温泉

(109)

Jan Garbarek

(174)

(18)

映画

(30)

(171)

poem move

(3)

コンビニ

(15)

ラジオドラマ

(2)
Nov 26, 2020
XML
カテゴリ:Tour
吹屋には、銅を産出し、残滓の酸化鉄からベンガラを製造して、全国に供給して繁栄した後に、時代が変わり、抗が閉じられ人が去っていった産業史がある。
 繁栄を支えた製品の搬出路として、吹屋往来と言うルートがあったらしい。吉備高原の急峻な台地を成羽川の河岸まで繋ぎ、成羽川から高梁川に入って玉島港まで運んで、船積みしていたらしい。
 吹屋往来は、急峻であるため、牛馬、人の往来には限界があり、近代車両交通に転換するのが難しかったことから、尾根沿いから島木川の渓谷沿いの道に付け替える工事が、大正三年から始まり、難工事の末、15年後の昭和四年に貫通したそうだ。
 その最大の難所が羽山第一と第二の隧道だったらしい。恩讐の彼方にのモデルとなった耶馬渓の青の洞門は、江戸時代に工期三十年の日本最古の隧道らしいが、同じ手彫りの羽山の隧道は半分の工期となる。
 細く暗い隧道を抜け、上を見上げると、頭上に迫る岩塊壁の迫力に唸ってしまう。貫通している隧道は圧倒的な近代化の痕跡だ。

















にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村






Last updated  Dec 1, 2020 09:39:25 PM
コメント(2) | コメントを書く
[Tour] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.