250982 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy Valley Blog

PR

X

Recent Posts

Comments

araiguma321@ Re[1]:本太城 備前、児島塩生 2021.1(01/20) うしまるさんへ 見逃しましたぁ。残念至…
うしまる@ Re:本太城 備前、児島塩生 2021.1(01/20) 先日の「ブラタモリ」でタモさん達が能島…
araiguma321@ Re[1]:日差山、石井山 備中 2021.1(01/17) うしまるさんへ 見晴らしいいとこに山城…
うしまる@ Re:日差山、石井山 備中 2021.1(01/17) 凄い見晴らしですね! 眼下に広がる人口…
araiguma321@ Re[1]:経山 備中、総社市 2021.1(01/11) うしまるさんへ よくご存知ですねぇ。 秀…
うしまる@ Re:経山 備中、総社市 2021.1(01/11) 秀吉と言えば「水攻め」! ٩(ˊᗜˋ*)و 日…
araiguma321@ Re[1]:丑 2021.1(01/01) うしまるさんへ 新年あけましておめでと…
うしまる@ Re:丑 2021.1(01/01) あけましておめでとうございます。 ジャー…

Favorite Blog

これも可愛いわ〜( ´… New! かりんママ0529さん

日本100名城巡り 02-… New! CANON BOYさん

榊原温泉のお雛さま♪… New! 湯元榊原舘さん

初春の一夜を古民家… New! 潮彩きらら 祥吉さん

テレワーク用テーブル kiki ☆さん

千葉県館山市稲に丘… 歴城19さん

2019 粒男と行くねぶ… 峠幾三さん

川上ダム 伊賀市阿保 さんけんろうさん

久々にホームラン級… 杜のオフミさん

秘湯、名湯!日本全… rururu_greenさん

Free Space

新聞の堕落: 朝日の「記事」はどこまで信じられるか朝日誤報事件と現場の真実
崇高: 、共に在り、原千畝、争解決人、色の魂、クター・ハック、跡のリンゴ、メリカ本土を爆撃した男、本国最後の帰還兵、容所から来た遺書、れる星は生きている
電力の振興と宿命: 高熱隧道、死の淵を見た男、電力と震災、田調書を読み解く
伝承なき悲劇: 津浪と人間、天災と国防、三陸海岸大津波、関東大震災、京都市計画の遺産
石油の呪縛: 海賊とよばれた男、綻びゆくアメリカーディーン・プライス、勁草の人
組織の真贋と航空: Jal再建の真実、推定脅威、虹の翼、永遠の0、零式戦闘機、劇の発動機「誉」、海に消ゆ、ンダジェット
専断の惨禍: 白い航跡、イス諜報網の日米最終工作 
敗者の法理: プリズンの満月、"この命、義に捧ぐ"、やくざと芸能と 
鎮魂: 慟哭の海峡、烏の浜、者たちは海に向かった、首の記憶、の墓標、ンジェルフライト
高水準言語としての日本語 日本語の科学が世界を変える 日本語を作った男
本づくり: "紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている"、舟を編む、書になった男
闇にかかわる: 闇の絵巻、闇のひらめき、生をいじくり回してはいけない
停滞: メリカ、Average is Over(大格差)、活過保護クライシス、録!熱血ケースワーカー物語、方消滅、院消滅、京劣化、境の人びと
再生: ローマ法王に米を食べさせた男、井モデル、陸資本主義、い物難民を救え!、張再生市長、じめての福島学、るさとをつくる、・観光立国論、えは必ずある、園回帰1%戦略
資本の堕落: 世界を操る支配者の正体、倒れゆく巨象、簿の世界史、Predator Nation(強欲の帝国)、End This Depression Now!(さっさと不況を終わらせろ)、The Great Devide(世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠)、んがり、幕、り捨てSONY

Category

カテゴリ未分類

(0)

Tour

(82)

(23)

ダム

(7)

温泉

(109)

Jan Garbarek

(174)

(18)

映画

(30)

(171)

poem move

(3)

コンビニ

(15)

ラジオドラマ

(2)
Jan 20, 2021
XML
カテゴリ:
能島村上水軍の勢力下に永くあった海城(本太城跡の岡山県中世城館跡総合調査報告2020はこちら)らしい。能島水軍は、塩飽水軍などとも組み、瀬戸内海を支配していたそうだが、元々は、能島水軍は、毛利に従っていたらしい。その後、三好勢、浦上勢と組み、毛利と戦い、小早川隆景にこの城をおとされてしまったそうだ。備中兵乱時には、毛利との関係は修復されていたそうだが、この城が、毛利勢の児島進出の拠点になったらしい。
 水島コンビナートの威容の塊の中に運河があり、そこに突きでるようにかろうじて残っている岬に城跡はある。岬の陰には古くからの港も健在だった。
 岬の陸側にある神社から遊歩道が整備されている。昔は、唯一陸とつながっていた細い馬の背をわたると、城跡が草木に潜ってあった。枯れ草と茨に覆われ、幾重もあるはずの曲輪には入らなかった。
 コンビナートの操業音が鈍く響き渡っていて、公園として城跡を整備できれば、戦国時代の海城と近代産業の牙城とも言えるコンビナート群の対比は、強烈な印象を与えるだろうにと思う。
 以前、人気をはくした「村上海賊の娘」のモデルは、能島水軍を率いた村上武吉の娘で、架空の小説とはいえ、織田の水軍との海戦の活劇は面白かった。この城がその海賊の城と思うと、海賊史の痕跡としても全体をみてみたい。




24吋別窓表示







にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村






Last updated  Jan 21, 2021 08:42:11 AM
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.