4156301 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2006/11/11
XML
カテゴリ:世の中
 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ・・・とやら

 この世の中悪い人はいつの時代にもあるのです。
 汚職と言えば田沼意次が古い代表のように出てきますが、何も田沼意次に始まったのではなく、人間に社会と言うものが出来たときからあるのでしょうね。
 マンモスの肉を少し余計にもらって便宜を図るとか・・・

 ところで、この田沼意次さんって紀州藩の出だそうですね。
 だからなのでしょうか…
 紀州藩のお膝元の和歌山と言うところは性懲りなく汚職体質の政治家が出てきますね。
 前の市長の旅田さんもそうでしたが、今度の知事さんもね…
 よく似た人を選ぶ風土があるのでしょうかね。

 まあ、偉大なる先人を目指すのは郷土の後輩として当然ですからね。
 しかし、田沼意次って実際は賄賂・汚職の政治家ではなかったようですよ。

 ついでに、この知事さんは元々あの大阪でこんなことが当たり前だと言う教えを受けてきましたからね。
 それに、元々えらいさんですから細かいことは分からないでしょうしね。

 ここ熊野も紀州なのですが、紀州藩を追われてもう100年以上…少しは変わったのでしょうかね???


↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください






最終更新日  2006/11/11 08:00:58 PM
コメント(2) | コメントを書く
[世の中] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.