4102996 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2015/12/02
XML
カテゴリ:熊野について
 一ヶ月余り前から「鬼の国物流協同組合・道の駅熊野きのくに」の閉鎖と共に営業停止していた、飛鳥町大又の「大又簡易郵便局」が12月1日から再開しました。
 この地域にもかつては農協の支所があり、田中店と言われる田舎の百貨店のような店もあり、酒屋さんもあり、食堂も二軒、喫茶店も二軒あると言うほど賑やかでは無いけどお店もあったのです。
 近年では大又大久保も加藤のおばあちゃん所、道の駅、簡易郵便局だけになっていたのです。
 それが道の駅と郵便局がなくなったのです。
 事実上店は無いし、簡易郵便局もないのでは生活の維持が出来ません。
 一昔前なら、爺ちゃん連中がまだ元気で、軽トラで木本まで婆ちゃんを連れて行けたのですが。今ではほとんどが婆ちゃんの一人暮らし・・・
 乗り合いしようにも運転出来る爺ちゃんが居ない・・・

 何ともならない状況ですが、簡易郵便局だけが取り敢えず再開しました。
 郵政合理化、民営化の頃に全面廃止とまで言われた「簡易郵便局」ですが、過疎地。田舎ではなくては困る物なんです。
 「採算」を言えば合わないでしょう。
 しかし、やる方も大変な契約条件なのです。

 この新しい局長って、私の次男坊なんです。
 人が少ないからって、営業に回ってテリトリーを侵してはならないようです。
 まあ、「準役所」ですからそうでしょうね。

 今は年賀状シーズンですが、私は事実上年賀状は出せません。
 公職選挙法によって選挙区内の有権者に出してはならないのです。
 まあ、昔からそれを良い訳に出さないで済ませてきたのですけどね。
 これも抜け穴?があって、議員の場合兼業が多いですから、「〇〇建設」「☓☓水産」の社長として出すのは合法みたいです。
 議員って肩書き書いちゃあいけませんけどね。
 と言うことで、年賀状を買わされることはありません。
 冷たい親ですね。
 親の情より遵法精神ですよね。

 場所は以前と同じ所で建物も同じです。
 国道42号線の旧道・矢ノ川越えした時は寄ってみて下さい・・・
 と言っても、郵便局には用は無いですよね。

  
     ポッチよろしく!!!
    
      
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑






最終更新日  2015/12/02 05:08:22 PM
コメント(2) | コメントを書く
[熊野について] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.