4208557 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2017/05/19
XML
カテゴリ:食品
私が子供の頃の「夏みかん」はもの凄く酸っぱかったです。
 甘夏は正式には「川野なつだいだい」と言うらしく。大分県津久見市の川野さんのみかん園で発見された枝変わり品種だそうです。
 「甘夏ミカン」と命名登録されたのが1950年だそうです。
 だから、私の小さい頃食べたのは「夏みかん」だったのでしょう。
 あまりにも酸っぱいので剥いて器に入れ「重曹」を掛けさんを少し中和し砂糖を掛けて食べました。
 でも、今ほど砂糖がふんだんには無いのでシロップに漬けるなんてなかったですね。
 今では出回っているのは「甘夏」ですが、私などは全部「甘夏」と呼んでいますが、何種類も品種があるそうですね。

 他の番感涙に比べると甘夏も酸っぱいです。
 でも、やたらと甘い晩柑よりは、粒が大きくて食べよい甘夏が良いです。
 と、言うことで・・・
 今年三回目の甘夏を買ってきました。
 無人市場って100円の次が200円ですよね。
 そして、ほぼ同じ大きさの袋使っているので隣り合わせで値段が倍になることも珍しくないです。
 温州の時は試食出来ることも多いですが晩柑はぶっつけ本番です。
 で・・・
 100円のを買ってきました。
 4個あるので4日はありますね。

下のランキング、ポッチよろしく・・・
     

人気ブログランキング






最終更新日  2017/05/19 05:47:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
[食品] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.