4102966 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2018/07/22
XML
カテゴリ:熊野について
昔はよく食べられていた「といも」と言われる里芋の一種の芋がらって今はあまり食べられないようです。
 スーパーにはあまり出て来ませんからね、
 農協の「ほほえみかん」にはこの季節に出て来ます。


 普通の里芋の茎は少し紫がかっているし、触ると手が痒くなるほどアクが強く、干すとかしないと生では食べられません。
 この「といも」は塩もみして水で洗えば生でも行けます。
 まあ、「うまい」と言うほどの物でも会えいませんが、年に一回くらい見掛けると買ってきます。
 こいつを食べるのはこの辺だけかと思ったら九州の方まで食べられているようです。
 割合と簡単に栽培出来ると言うこともあるのでしょうね。
 泥に埋まっても何とか生き延びているとか・・・
 でも、災害時に喜ばれるほどの食材でも無さそうです。

 私の今夜のおかずは「といもと生節の黒酢和え」です。
 年寄り食ですね・



人気ブログランキング






最終更新日  2018/07/22 05:41:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
[熊野について] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.