4103024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2019/04/16
XML
カテゴリ:混在
「法隆寺金堂」、「鹿苑寺」と並べたのは、今朝のノートルダム大聖堂の火事ですぐに連想したからです。
 「法隆寺金堂」は昭和24年1月26日早朝に火災が発生し焼失しました。
 国宝に指定されて貴重な壁画12面の大部分が燃えました。



 以前、普通に使われていた10円の通常切手は法隆寺の壁画でしたね。
 この火災は電気座布団からの失火とも言われますが、この火災をきっかけに「文化財保護法」が制定されました。
 焼けた壁画はいまだに保管されているそうです。
 今の技術で解析すればかなり復元できるのでは無いかと思います。

 「鹿苑寺」は金閣寺で、こちらは若い僧侶による放火で焼失し、三島由紀夫の小説で有名になりましたね。
 文化財的価値とか言う面では法隆寺ほど重みは無いですが、再建されてからは京都の貴重な観光資源ですね。

 他にも落雷で燃えたり、台風などで壊れたり文化財の被害も多いです。
 今回のノートルダム大聖堂も貴重な文化財、大事な信仰の対象、大きな観光資源・・・パリだけでは無く世界にとっても貴重でしょう。
 あの壮大な石の壁などは残ったようですが、屋根の小屋物は木製ですから炎上しましたね。
 再建に動くでしょうが、あれだけの材木を確保するのも大変だし、西洋だって乾燥した材木を使うのでしょうしね。
 大変な作業でしょう。
 私は幸いなことにあの大聖堂で偶然ですが賛美歌を歌っているのに出くわしました。
 有名な「ステンドグラス」も見ることが出来ました。
 再建まで10年?20年?
 もう見ることは無いですね。





人気ブログランキング






最終更新日  2019/04/16 03:55:23 PM
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.