4033824 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2019/11/09
XML
カテゴリ:世の中
今日の良い天気でした。
 本当に「天高く」という感じです。
 「天高く」と言えば「馬肥ゆる秋」と言われますが、この辺では「馬」は馴染みがないです。
 畑が無いのと、平坦な道が無いからか。「農耕・も「荷役」も昔から「牛」が使われてきていました。
 私が子供の頃は百姓の家には「牛」が居ました。
 今まで言う「黒毛和牛」で、「但馬牛」でした。
 「博労」という家畜商がまだ活躍していた時代です。
 子牛と靑牛を交換して回っていました。
 大きく育つ子牛は高いですし、「雄牛」は安かったようです。
 雄牛は気が荒いので、去勢・きんぬきをして居ましたね。
 田んぼで使った牛は大きくなったら卜選ろうが引き取るのですが、連れて帰って「肥育」して「肉牛」になるのですからそこでも「雄牛」は安いですからね。
 しっかり、丁寧に育てた牛は「松阪牛」になって居たようです。
 
 荷車引きも牛だったようです。
 戦前や戦時中は材木運びも「牛車」だったそうです。
 「評議越え」「八丁坂越え」なども牛車だったそうで、馬は使われていませんね。
 荷馬車専用の牛では、赤毛の牛も使っていたようで「朝鮮牛」なんてのを効いたことありますが、私の時代にはトラックになって居ましたね。
 牛は賢いので帰りには飼い主が寝ていてもちゃんと家に帰ってくれたそうです。

 家族のように可愛がって育てて、一緒に働いた牛との別れはその先が見えているのでつらかったようです。
 お袋などは博労さんとの商談が決まると引き取られるまで大泣きして居ました。
 牛も気配を察して鳴いていました。
 機械の自動車でさえ廃車にする時は寂しいのですから・・・
 百姓ってそんなことを乗り越えて生きてきたんですね。








最終更新日  2019/11/09 05:33:16 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:天高く(11/09)   熊野の男前 さん
ほんと牛は賢いですよ
納屋から出るとき普段は元気、
売られるとわかっていたのでしょうか
あの時は牛が涙を流していました52位年前、はっきり覚えています
牛のいなくなった牛小屋をみて、泣きましたよ
怖かったですけどね
それに藁ぶき屋根の横に牛の糞を積み上げ
そこから湯気が昇っている光景も覚えています

あの当時、金山では家ともう一軒しか牛を飼っていませんでした
でもね、母方の祖父がまだ三頭飼っていたので、農耕牛ではないですがね
神志山に行くと餌やりが面白かったですよ

牛小屋の道の道向かいは、大きな牛市場の建物
私は市場の孫です
昭和30年代で牛市は終わっており、私は市の記憶はないですが
母親の言うには戦争末期は兵隊さんが、寝泊まりしていたそうです
またバクローの方達で75歳位から上の方は
私が、市場の孫とわかると非常優しくしてくれました

牛市の活気があったっ頃の写真、
従兄に借りてスキャン保存をしようと思っていても
構想から10年以上、まだしていません

熊野市で最後まで牛で田んぼを起こしていた五郷の湯の谷の方
あの方も祖父のところによく来たそうです

五郷で思い出しましたが
昭和30年代半ば、私が生まれた当時ですが
熊野から成川までで、唐箕を作っている方が1軒だったそうです
五郷の徳田さんだそうで
親父は、山崎、奥有馬、獅子岩、松原、大馬、小坂、桃崎か寺谷まで
牛を歩かせ買いに行ったそうです
朝4時出発、夜8時頃に帰ったそうですが
牛は帰りにかなりへばったようです
そんな大事な唐箕、親父自ら処分 もったいないですよね

でもね、世間ではバクローというと見下げてきな・・・
私はそうは思いません
みんななんとか帽子かぶって
串本あたしからも来ていたそうです
志原の人でも牛市場を知らない人が増えました 寂しいものです

(2019/11/09 06:49:41 PM)

Re[1]:天高く(11/09)   JE2LUZ さん
熊野の男前さんへ
 ***
 日本では士農工商では無いですが、博労。不動産業、山林ブローカーなどの業種をいやがりましたね。
 そうした人がかぶっていたのは「鳥打ち帽」ですね。
 さらに、流行っていたのか「ちょびひげ」も・・・

 牛は売られて行くのが分かるようでしたね。
 そばで飼っているとどんどん賢くなったようです。 (2019/11/10 07:41:07 AM)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.