4153110 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

2020/12/17
XML
カテゴリ:混在
急に天下が手に入ると人間ってどうなのでしょうね?
 大河ドラマでは「明智光秀」をやっているようですが・・・
 明智公は天下を取るまで行きませんでしたけどね。
 時間が経てば、「天下人」らしくなってくr物なのでしょうか?
 家臣もそだってくるのでしょうか?
 知恵も付いてくるのでしょうか?

 この国難時に国を率いることになる人は大変ですし、災難かも知れません。
 でも、いくら何でも周囲がひどいですね。
 元のトップがひどかったので、それに長年使えてきたから、「こんな物」と思っているのかも知れませんけど・・・

 何しろ、「コロナ対策」では「医療より先に経済」を考え、病院・ワクチンより先に復興でしたからね。
 たまたま、運良く諸外国より拡散速度が遅く済んでいますが、先が見えません。
 「拡散が収まったら執行する」という触れ込みだった「Go To」を、拡散最中に動かして、疑問符には「エビデンスが無い」と変な横文字で切り捨てました。
 「大丈夫だ」というサべーランスもエビデンスもありませんね。
 本人のポリシーだそうですが・・・
 世の中の人気が全く無いのが分かったら急に方向転換しましたが、ちゃんとした説明も無いですね。
 そして、やってることが支離滅裂・・・
 「ガースーです。」なんて言っている場合でも無いし、「有名人」と「忘年会」やってる時じゃあ無いですよね。
 出席者が「忘年会」と言っているフィルムが残って居ますね。
 説明する大臣は、元々その任にあらずというタイプですが、何とか取り繕うととんちんかんな話するし・・・
 
 何とか腰を据えて「コロナ」を見つめてくれないと困りますね。
 専門家も少しずつ「ほのめかす」という手法でしたが、連日場外で意見を言い出さなくては意見が届かないのが分かり厳しくなった来たのですが、それでも「忖度」が一杯です。
 国家公務員の人事を内閣が握るアメリカ式に憧れた結果、官僚もおかしくなったそうです。
 政権交代で野党にリーダーが居なかったのが日本の政治をおかしくしたようです。
 「政経塾」なんてのが育てた政治家も政治屋になっちゃったようですし・・・

 諸外国ではレストランなどの外食をシャットダウンしています。
 日本では、全く逆の施策を取っていました。
 テレビ画面でも、みんなで乾杯するシーンまで出てきていました、
 まあ、ああした若い衆はテレビなんて見ていないようですけどね。
 「食糧配給」までやらないと、餓死者・自殺者が大量発生する恐れもあるようです。
 「Go To」より先に何十万人もの失業者を救うべきでしょう。
 「餓死者」が出るようでは「先進国」では無いですよね。

 あんまり書きたい記事では無いのですが、たまに物言わないとストレスがたまってきます。





人気ブログランキング






最終更新日  2020/12/17 12:32:37 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.