2020/12/20

ウィンタースポーツ

カテゴリ:混在
12月だというのにドカ雪が降りましたね。
 日本海の海水温度が高いので予想する向きもあったのですが、その通りになったようです。
 日本海の温度まで上がるんですね・
 暖かい海面に冷たい風が当たれば水蒸気が上がり。雪起こしの雲が出ますね。
 私が若い頃には正月に雪があるかどうかを気にしていました・
 信越線・菅平、上越線・石打丸山が行き先でした。
 大がかりなスノーマシンなんて装備されていませんでしたからね。
 スキー場って雪が無ければ寒いだけですからね。
 スキー以外には冬にはスポーツはしませんでした。
 アイススケートは転ぶと痛いし濡れるし・・・
 まして「走る」なんてとんでも無い話でした。
 でも、冬場に見るスポーツと言えば「駅伝」ですね。
 コタツに入ってぬくぬくと・・・
 駅伝って、暖かい所は弱いようですね。
 三重県内の駅伝では熊野はずっとしたですし、全国だと三重県は下の方です。
 今年の「全国高校駅伝女子」では、三重県「津商業高校」が45位
 「全国高校駅伝男子」では。三重県「四日市工業高校」が25位でした。
 この辺りからしたが多いように思います。
 正月は「箱根」です。



 近年は国内のスキー場はあまり流行らないようですが。雪の無い地域の中国南部や東南アジアの人達が遊びに来て北海道とかブームだったのだそうですね。
 今年はそうしたインバウンド客は来ないし・・
 今期の閉鎖を決めたスキー場もあるのだそうですね。
 温暖化が進む過程では「ドカ雪」の年があるのだそうですが、基本的には安定した雪は期待出来ないでしょう。
 スキーシーズンは海水浴よりは長いです。
 海水浴場場所によってはサーフィンやSAPなんて他の遊びも考えられますが。スキー場は潰しがききませんね。
 巨大な施設や宿泊施設を抱えた本来なら「過疎地」だけに、一気に衰退する可能性が大きいです。
 「越後湯沢」なんてスキーリゾート・別荘ブームで一時期沸いていましたが・・・
 良質の温泉があれば・・・と言っても、「ふるさと創生事業」以来、日本中に温泉場が出来ちゃいましたしね。
 地球の中心は灼熱地獄ですし、日本は火山列島ですから。「掘れば出る」なんですよね・
 昔のように100mとかしか掘れなければ運が良くなければ出ませんが今なら・・・
 熊野市も一億円を元手に「新鹿温泉」を掘り当てたのですが、少し油温も低かったし、譲り渡した業者も経営が成り立たなかったようです。
 「温泉付き別荘分譲地」も計画したけど、バブルもはじけて売れませんでしたね。
 「オレンジホテル」「簡保センター」にも温泉がありましたし、紀和町は資源探査で掘った「湯ノ口温泉」がありますね。
 「神川町」にもあります。
 どれも「単純泉」でおもしろみは無いですが。冬場には良いかも知れませんね。


人気ブログランキング





TWITTER

最終更新日  2020/12/20 04:03:15 PM
コメント(0) | コメントを書く