2021/01/24

死亡例

カテゴリ:混在
 コロナの死亡例で「搬送前」「自宅待機中」なんてのが増えてきています。
 これって、本当はもっと多いのでしょうね。
 死亡前に全部の場合に緊急車両が行ばれるわけでもないですね。
 今のままだと自然死亡で済ましちゃいますが、もう一回り増えてくるとややこしくなるでしょう。
 「発見されたら自動的に隔離される」と言うことですからね。
 おまけに、引き取り手のない仏様が多く出なすからね。
 あそこまで隔離する必要があるのかどうかわかりませんげど…
 スペインとかブラジルで示された葬儀の風景が浮かんできますね。
 なにせ、犠牲者の方が「独居老人」が多いようですからね。
 ここまで来たなら、「独居老人福祉制度」でも作らないとダメかもしれませんね。
 「金だって持って行けるわけではないし…」
 最後に必要なのは「三途の川の渡し賃」だけかもしれませんからね。
 財産のある人、全きない人・・・
 でも、身寄りがなければ最後は一緒でしょう?
 と言って、そんな組織を作れば食い物にする人が出てくるのかなあ???
 ただ・・・
 このままほおっておくと、日本中に不在地主や株主が生まれてきます。
 何とかしないと…
 
 東京や大阪のような都市部でも、そうして土地がごろごろしているはづです。
 暁斎は「手が付けられない」と言う理由をつけて放置しているでしょう・
 所有者が不明なとちが九州より広い…なんて言われているくないです。
 生成を洗いなおして、きちんと整理し、持ち主をはっきりし、責任を現道化するとこも今ならできるでしょう?
 田舎だと、「没収」と言うものになるのもが多いでしょうけどね。 
 


人気ブログランキング
人気ブログランキング





TWITTER

最終更新日  2021/01/24 01:47:46 PM
コメント(0) | コメントを書く