378064 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ロードバイクとアマチュア無線 JE9MBV (AH0CF 9M6/JE9MBV)

2017/04/27
XML
テーマ:大東亜戦争(70)
カテゴリ:いろいろ
私の住んでいる地域は、大東亜戦争中は大きな空襲もなく比較的平和だったようですが聞いたはなし
では、艦載機が飛んできて上空で機銃を掃射したりしたことはあったようです。薬莢が屋根の上に
落ちてきたそうです。

しかし、車で1時間ほど走ると京都府舞鶴市に至る関係上、まったく戦災がなかったわけではありません。
その内の一つの戦災がこれ!

駆逐艦 榎 機雷に接触。

ライドの帰りに碑文を見ながら、戦争は勘弁してほしいと思いました。






※駆逐艦榎とは、(wikiより)
       
竣工後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将・海軍兵学校41期)に編入。4月8日に瀬戸内海西部に回航し訓練に従事する。やがて、第十一水雷戦隊は瀬戸内海への機雷投下を避けて日本海側に移動することとなる。5月27日に舞鶴に到着するも、舞鶴鎮守府から「空襲の際に刺激となる」との理由で、舞鶴以外の場所へ移動するよう要請を受ける[2]。そこで、6月に入って小浜湾に移動することとなった[3]。

6月26日昼過ぎ、小浜湾内の錨地に入泊した際に触雷する。小浜灯台の310度750メートル地点に曳航され、右に32度傾いた状態かつ艦尾を着底させ[4]、艦橋の一部を水面に露出した状態で擱座。そのまま終戦を迎えた。9月30日除籍、1948年(昭和23年)6月から7月1日に三菱七尾造船所で解体された。






Last updated  2017/04/27 10:36:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
[いろいろ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.