370138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

済州観光公社旅行ブログ

PR

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

L済州のお祭り

2013年12月09日
XML
カテゴリ:L済州のお祭り





済州1次産業の主な生産品であるミカンを素材にした
2013西帰浦世界ミカン博覧会が去る11月22日に開幕しました。スマイル上向き矢印
イベントは12月1日まで西帰浦農業技術センターとミカン博物館で行われました。


下の写真は22日に開幕式が行われた西帰浦市内の道路で
繰り広げられたミカンパレードです。音符きらきら



          



博覧会のイベント会場では済州のミカンと共に米国と日本、
スペインなど世界9か国で栽培されているミカンが紹介されました。ダブルハートダブルハート



          



今回の、西帰浦世界ミカン博覧会では済州ミカンの歴史と品種、環境、
農業資材などを一目で調べることができるとのこと。
優秀ミカン競演大会も開かれて、ミカンを使った料理競演大会も繰り広げられました。
料理大会は全国104のチームの中で本戦に上がった20のチームが最高の味に挑戦!!


博覧会場では訪問客のための多彩な行事もたくさん進行していました。
ミカンの競売から始まり、ミカンの塔を積む大会、ミカン大食い大会などの
行事が毎日続きました。ウィンク
イベント会場のあちこちではミカンを活用した食べ物の試食会が開かれて、
いつでも新鮮なミカンを味わうこともできます。


その他にもミカンのクッキーやジュース・マフィン作り、ミカン足浴、
ミカン園迷路体験、音楽公演、マジックショーなどのブースもありました。
マフィンケーキ作りは4人1組での参加が可能で、直接自分の手で作った
ケーキを持って帰る事ができます。グッド音符


ケーキ作りイベントは午前10時から30分の間、午後2時から30分の間
進行されました。費用は1チーム当たり3千ウォンです。さいふ


ミカン足浴体験はミカンオイルに足を浸し、約20分間足浴ができるのですが、
博覧会期間は無料でした~!!目がハート


ミカンジュース作りはミカン2個を直接しぼって飲む体験で1人千ウォンです。



          



ミカンを収穫する体験はミカン博物館周辺の農地でミカンを直接取って
その場で味わうことができます。
1人当り6千ウォンで収獲した中で1キロ分を持って帰ることができます。上向き矢印上向き矢印



ミカン収穫体験は済州農業生態院と西帰浦農業技術センターでも進行していて、
12月20日まで運営される予定です。運営時間は午前10時から午後4時までです。
体験料は1人当り3000ウォンで、6才以下の子供は無料なんです上向き矢印上向き矢印
同じように1キロ分入れる事のできる規格の袋に入れて持って帰ることができます。



          



ところでごそんじでしょうか?

ミカンをよく済州島の人々は'ミカン'と呼びます。
じつはこれ、日本語なんです。びっくり雫
ミカンは韓国語で‘キュル’と言いますが、'ミカン'という
日本語そっくりそのままの呼び方もお馴染みです。




          


済州でミカンの一年間の生産量は50万トンを越えるといいます。
暖かい気候と適度な降雨量のために済州市よりも、南の西帰浦市地域で
生産されるミカンのほとんどが最高品質の評価を受けます。きらきらきらきら



ミカンは10月上旬から収獲し始めます。
この時、収穫されるミカンは次期が早く、酸味がとても強いです。
まだ糖度があまり熟さない前のミカンなのでそうなのですが、
緑色を帯びているミカンのほとんどが酸味強だと言えます。
この酸味が癖になって良いという人はそれだけを探すそうです。オーケーダブルハート



通常は、10月頃から黄色く熟し始めるのですが、11月中旬に入ってから
収穫されるミカンが酸味と糖度の比率が一番良いです。
私の経験上...(笑)



より詳しい情報を希望の方は博覧会ホームページを訪問してみてください~~スマイル上向き矢印

http://www.citrus-expo.com/outline_02.html




<済州(チェジュ)観光情報ホームページ>



済州(チェジュ)特別自治道観光情報: http://www.jejutour.go.kr/
済州(チェジュ)観光公社: http://www.ijto.or.kr/



Facebook: http://www.facebook.com/jejutr
Twitter: http://www.twitter.com/jejutr

 

 







最終更新日  2013年12月09日 19時47分28秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年11月08日
カテゴリ:L済州のお祭り




前回ご紹介したパラグライディング大会関連の情報です。


11.9 (土) 〜 10 (日)午前10時から、
月郎峰で約150台のパラグライダーが空を舞い、
済州の秋を満喫します〜 〜ダブルハート
↓大会のポスター
確認の後、遊びに来てください> _ < 上向き矢印上向き矢印

                                       

 



ここは翰林にある"クムオルム"です。
パラグライダーを体験するのには最適の場所です!!
車で頂上まで登ることができるのでとても便利です。

     

               



済州の秋の空が見えますね〜晴れ
雲がかかっているのでとお~くまでは見えないですが、
本当に素敵ですね!私も...乗ってみたいですきらきら



               



空から満喫する済州の風景
上から見る済州はどんな姿でしょうか??



                  


インストラクターの方と一緒に安全に体験中ですね〜スマイル音符


                




                



と、ここまでは "クムオルム"での写真を紹介して、
ここからは、 ‘米岳山'での様子をお見せします〜 〜 ^ - ^上向き矢印




               


ずーっと前に見える小さな島見えますか??
それは蚊島です。
天気の良い日には、森島、蚊島、虎島がすべて見えるんです〜びっくり



                



済州島から別の島、分島を見る楽しみもありますね。ウィンク





                 



馬の産地である済州らしく、草原で馬がのんびりと草を食べていますね
天高く馬肥ゆる秋がやってきたきたと感じがしますね〜馬ダッシュ




                



今着地です!

体験したいた方が声を出したために、馬が...怖くて逃げて......雫 



                



小さな子供と馬が自然の中にある姿が本当に美しいですねきらきらきらきら




*済州観光公社社長倍パラグライディング大会*



大会の概要
種目  精密着陸競技(個人および団体)
大会日  2013.11.9 (土) 〜 10 (日)
場所  月郎峰(悪天候時は他の場所に移動し、進行)
大会の時間  10:00 〜
主催  済州観光公社
主管  済州観光公社、国民生活体育済州特別自治道パラグライディング連盟


出場のご案内
参加費20,000円   大会期間中に発生した事故の責任は本人にある
参加者特典    大会当日昼食とお土産提供
景品イベント
(済州観光公社指定免税店利用券、済州島内の高級ホテル無料宿泊券、
パラグライダー用品、観光地入場券など)



参加お問い合わせは、国民生活体育済州特別自治道パラグライディング連盟
チャウジン事務局長010-7727-9418(国際電話)まで連絡ください^ ^ *





<済州の観光情報ホームページ>
http://www.jejutour.go.kr/



済州観光公社: http://www.ijto.or.kr/
http://www.facebook.com/jejutr

http://www.twitter.com/jejutr

http://twitter.com/jejutr











最終更新日  2013年11月09日 01時31分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月07日
カテゴリ:L済州のお祭り


              


        



祝賀公演もあり、後から天然染物のファッションショーが行われました。
3つの団体によって開催されたファッションショーですが、
一つの色彩がこんなに華やかに表現されてるなんて... !!
それでいて、またとても地味に見えるファッションは、 "これが済州だけの色"と
強調しているようですね。ウィンク


        


       


        


会場内の大人気ブースは断然試食コーナー〜 上向き矢印上向き矢印
食べ物を提供するブラックフードと済州ローカルフードのブースでは、
人がごった返していました。ショック雫


写真に写っているブースは霜花餠の試食コーナーです。
霜花餠以外のパンもおいしかったです 上向き矢印ひらめき
パンの中に何が入っているのか説明は聞いたのですが...雫


        


ブラックフード試食コーナーの中でも断然‘オメギトック’
(済州島伝統の餅)のブースが大人気〜 スマイル音符

コムンオルムブラックフード育成事業団が用意したブースなのですが、
2種類のオメギトックを来場者が直接作って食べろことができるそうです。

指定された48カ所のブースで食べる姿を写真に撮って
ブラックフード育成事業団電子メールで送信すると
先着順200名様に記念品を贈呈するそうです。OK


        


参加者が直接オメギトックを作っている姿です。
私も作って食べてみたかったのですが、すごい人の列で.... ㅠ _ ㅠ ; ;雫


        


オメギトックは済州島だけの郷土料理ですが、
モチアワ(濁った粟と呼ばれる黒いモチアワ)の粉を練って
ドーナツ状にして煮た後、粉をまぶした餅です。上向き矢印


        


2種類のオメギトックを直接作って味も評価することができるんです。
19日からはワインの品評会も開かれました。
オディワインは桑の実で作られたワインです。
午後2時間ずつ6種類の試作ワインを試飲することができます。ワイングラス
18日には行われませんでした。 - _ - ; ;下向き矢印下向き矢印


        


これは済州産黒豚の後ろ足です。
‘ハモン’と呼ばれる食品なのですが、スペインの地方で作って
食べる生ハムだそうです。生ハムなので思ったよりちょっと生臭い匂いがしそうです。
とても美味しく見えましたが、味に慣れるまでには少し時間がかかりそうです...しょんぼり雫


        


なので、すぐ隣のブースにある"花茶"の試飲コーナーにそのまま流れ込んで
すぐに一杯することになります。

ふぅ...コーヒー

もちろん、 "ハモン"が口に合う方もいらっしゃると思いますが私は....ショック


参考までに、ヒューヒューフェスティバルの名称である "ヒューヒュー( Hue休) 'は、
色合いを意味する英語のhueと、漢字の休む休を合わせて作った言葉です。
このイベントのモットーである‘色に魅了されゆったりとした時間に染まる’という意味です。ダブルハートダブルハート


<済州の観光情報ホームページ>

http://www.jejutour.go.kr/

 

 

済州観光公社: http://www.ijto.or.kr/

http://www.facebook.com/jejutr

http://www.twitter.com/jejutr

http://twitter.com/jejutr







最終更新日  2013年11月07日 23時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:L済州のお祭り
       



18日済州世界自然遺産センターで、第1回コムンオルムヒューヒュー( Hue休)
フェスティバルが開かれました。上向き矢印上向き矢印


この祭りは、済州観光公社と済州観光文化産業振興院が共同主催のイベントで、
20日まで行われました。コムンオルムとセンター一帯で、
国内外の天然染めの作品が展示されていて、直接染色体験をすることができ、
ブラック&スローフードの料理もあちこちで直接味わう事のできる祭りです。スマイル音符


会場である済州世界自然遺産センターは、済州市朝天邑ソンギョ路569-36番地に
位置していて、コムンオルムの入り口に直接接しています。
イベントは、コムンオルム散策と会場のブース体験に分けられていますが、
今回は会場ブース体験のみご紹介します。コムンオルム散策の話はまた次回 〜バイバイ雫




        

最初のブースで染色体験をしていました。
イベント期間中には、先着100人限定で直接自分が柿渋で
染色したハンカチを持ち帰る事ができます。グッド


子供たちが直接自分の手で渋柿染めをしていますね。ふたご座


          


              


ヒューヒューフェスティバルのテントブースは全部で72棟にもなります。びっくり

ブース1、2番 運営本部と案内所

3 〜 39番 染め物展示、販売、体験場

40 〜 57番は、フラックとローカルフードの試食販売

58 〜 65番はチーズ、チョコレート、黒陶器、緑茶石鹸作り、韓紙工芸展示

66 〜 70番はスローフード広報館とその他もろもろ〜


        


天然染物ブースでは台湾とマレーシアで作られた天然染色製品が
展示販売されている所もあり、羅州、永川市生産の染物製品は美しい色を入れて
展示販売されています。目がハートきらきら


        

        

        


会場内メインステージでは、ソンイン分校の学生がこれまで練習したテピョンソ
(韓国伝統楽器)の演奏を聞かせてくれました。
最初は緊張からか、息が合っていませんでしたが、徐々に安定し、
素敵な演奏を聞かせてくれました。ダブルハートダブルハート


ソンイン分校は善屹里にある小さな小学校ですが、この日の公演には1年生以外の
全生徒が一緒に合奏しました。


       






最終更新日  2013年11月07日 22時57分00秒
コメント(1) | コメントを書く
2013年10月07日
カテゴリ:L済州のお祭り

 

                                    済州観光公社旅行ブログ

 

11月9日~10日の2日間、済州島ウラン峰にて
(気象の悪化により変更の場合もある。)パラグライダー大会が開催されます。スマイル上向き矢印
 


実施する種目は、アキュラシーで個人と団体の部に分かれて行います。




参加料は一人 20000ウォンで、
当日は無料で昼食が提供され、記念品も受け取る事ができます。プレゼント




たくさんのご参加お待ちしております!きらきら







最終更新日  2013年10月13日 16時17分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月28日
カテゴリ:L済州のお祭り
                  


先日ご紹介しましたWOW369 Festivalのポスターが完成しました!!きらきら


10月5日〜6日(金、土)の2日間
済州中央路(チュンアンロ)一帯で様々なイベントが行われます。



済州騎馬団のパレードをはじめ、グランドセールイベント、懸賞など
様々な見所、グルメ、観光スポットがありますので、
涼しい秋の週末に家族や恋人とぜひ遊びに来てください〜スマイル上向き矢印上向き矢印



              








最終更新日  2013年10月13日 16時19分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月20日
カテゴリ:L済州のお祭り

                        


今日は、来月開催されるお祭りについてお知らせします


WOW369 Festivalをご存じですか??


"3"は、三多島という意味です。
済州島は風、石、女の3つが多いと言われ"三多島"と呼ばれます。


'6'は、済州島内にある6つの市場でこのフェスティバルが行われることを意味します。


'9'は、このフェスティバルでは9つの楽しさを感じることが
できることを意味していますきらきらスマイル



10月5日〜6日(金、土)の2日間

済州中央路一帯でイベントが行われます。ダブルハート



済州騎馬団のパレードをはじめ、グランドセールイベント、懸賞など

様々な見所、グルメ、観光スポットがありますので、

涼しい秋の週末に家族や恋人とぜひ遊びに来てください〜ウィンク上向き矢印






最終更新日  2013年10月13日 16時21分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月17日
カテゴリ:L済州のお祭り


 ブリの饗宴~ "第12回最南端のブリ祭り"


毎年11月に開催されるブリ祭りは、済州の大きなお祭りのひとつです。
韓国最南端の馬羅島(マラド)という小さな島はブリの最後の越冬地だそうです。
お祭りが行われる西帰浦摹瑟浦(モスルポ)港はブリとスズメダイの主産地です。

今年ですでに12回目を迎えるブリ祭りは、住民をはじめ、多くの済州島民らが参加する済州の代表的な祭りとして位置づけられています。ブリ祭りは、いろんなイベントが設けられていますが、ブリの掴み取り体験や、おいしいブリを直接味わう試食など、 来場者が直接参加できる祭りです。

今回の祭りは11月8日から11日までの4日間に亘って開催されました。
開幕公演や、歌謡祭、多彩な公演、青少年フェスティバルはもちろん、会場のあちこちにおけるブリ試食。

素手でのブリ掴み取り、金の鍵のブリを探せ!、無料試食コーナーの運営など10種類以上の体験イベントが行われました。また、常設運営売り場、飲食店(屋台)、お土産、地元料理など、様々なブースが設けられました。

 

  
▲ブリ祭り会場の入口

  
▲シンボルブリのオブジェ

 
▲ブリの屋台

  
 
▲開会式

  
▲ブリ刺身どんぶりの試食イベント

11月8日、夕方に開かれた開幕式には、大勢の人が訪れました。開幕式を皮切りに、ブリ祭りの開始されました。

   
▲投壺体験

 
▲楽器演奏


 
  
▲ブリの無料試食

  
ブリの無料試食場では、5切れ程度のブリがもらえますが、シコシコとした感触が新鮮で逸品でした~^^


  
▲素手でのブリ掴み取り体験の準備

  
▲ブリ掴み取り体験

体験イベントのハイライトは、何と言ってもブリの掴み取り体験です。

  
体験する前にウォーミングアップでダンスを!~

  
熱心にブリを掴み取ってみます。ブリは鋭いうろこがあるので手袋をつけないと!
 
 
参加者と同行者はかごを持ってブリを取りますが逃すことも多々あります。

  
ブリは本当に速い~

  
ブリを掴み取った人は記念ショット!!

ブリ祭りは、毎年11月頃に開催されます。この時期に済州へ訪れるお客様は、是非一度お寄り下さい~

ホームページ:http://bangeofestival.com/(韓国語)
住所:済州島西帰浦市摹瑟浦(モスルポ)港付近

済州観光情報ホームページ:http://www.jejutour.go.kr/ http://www.ijto.or.kr/

 







最終更新日  2012年11月27日 13時20分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月13日
カテゴリ:L済州のお祭り


歩く楽しさ~ " 済州オルレウォーキングフェスティバル"
(Jeju Olle Walking Festival)
 
 
去る10/31~11/3までの4日間に亘り、済州ではオルレウォーキングフェスティバルが開かれました。
昨年に引き続き開かれた今回の祭りでは、10コース(31日)、11コース(1日)、12コース(2日)、13コース(3日)の、全部で4つのコース(和順(ホァスン)金砂ビーチ~楮旨(ジョジ)村会館、総63.9km)において開催されました。
 
 
今回のオルレ祭りは1人10,000ウォンの費用で参加可能でした。参加された方々には所定の記念品も贈られました。
 
  

▲オルレウォーキングフェスティバルコース(出所:社団法人済州オルレ)
 
済州オルレ道は、もうすぐ済州を一回りできるよう済州全域をつなげる区間が開通されるそうです。
(現在は1~20コース+ 5つのコースで、合計25コース)
その内、今回は4つのコースを選定して祭りが行われました。
 
オルレの道は四季を通してオープンされている場所であり、ウォーキングする人々のために造成されました。
 
 

  

▲開幕式会場(和順金砂ビーチ)
 
和順金砂ビーチの後にある山房山の景色が素晴らしいですね^^

 

▲オルレ祭りの垂れ幕

 
▲開幕の舞台

 
▲外国人観光客案内所

 
▲中国人観光客案内所
 
今回の祭りには特に多くの中国人観光客が参加して、イベントをより一層輝かせてくれました。

 
▲日本人観光客

 
▲英語圏の観光客

 
▲開幕演奏
 
少し肌寒い中、開幕を待つ方々のために、小さな音楽会が開かれました。

  
▲社団法人済州オルレ代表ソミョンスク取締役

 

 ▲準備体操
 
 
ボランティアの案内に従って参加者達はウォーキング前の準備体操をしています。

 
▲ガンセ(オルレのマスコット)

ガンセは済州方言で怠惰という意味ですが、済州馬(チョランマル)を象徴しています。のろのろと歩きながら楽しもうという意味で、済州オルレ側で作成したシンボルですが、なかなかの人気ぶりです。

 
▲開幕カッティング

  
▲オカリナ演奏
 
オルレ祭り期間中、オルレの道を歩く人々に楽しめるよう、コースごとに小さなコンサートやイベントが用意されました。

 

 

   

  
 
オルレウォーキングフェスティバルは11月3日、盛況に終了しました。
オルレの道やオルムのような、 済州らしい豊かな自然が満喫でき、歩く楽しさを体験する観光コースを選んでみるのも良さそうですね~!!
 
済州オルレのHP:http://www.jejuolle.org(日本語)
済州オルレウォーキングフェスティバルHP:http://www.ollewalking.co.kr(日本語)
電話:+82-64-762-2190

 







最終更新日  2012年11月15日 15時42分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月19日
カテゴリ:L済州のお祭り

スムビ音、世界の文化遺産に!

2012済州海女まつりが2012年9月8日~9月9日の2日間
海女博物館と 舊左邑細花港、下道里の海岸近くで行われました。

入り口に祭りの案内が見えますね。




▲入口側​​に海女祭りの紹介がありました。





総合案内所に行くと冊子、うちわ、水がもらえます。

海女たちの「スムビ音の道」も別にありました。





メイン会場での公演。
楽しい歌声や、済州方言での話も面白く、お年寄りの反応良かったです。^^
済州方言は少々無愛想ですが、情にあふれる感じもします



こちらは広報ブースと試食コーナー
何といっても試食が一番人気!
様々な海の幸の試食コーナーが用意されていました。
ヒラメ、アワビ、イシモチの干物、サザエ、エビ等のシーフードが多くてグッドでした。
新鮮で美味しかったです

 

 
 



試食コーナーを通って、祭りのメイン、かずき大会、水泳大会の場所へ移動。





メインイベント
海女のかずき(潜り)大会とテワク水泳大会



海女たちが参加する為待っています

 



テワク水泳大会。多くの人々が見物しています。
予選100m、決戦200m
海女服と水掻きで、凄いでしょう。
これこそ本物の水泳大会だと思いました。



 


海女のかずき大会

ファイト!沢山獲ってください~!

 


海女博物館の投稿:http://blogs.yahoo.co.jp/jejuryoko/6343829.html







最終更新日  2012年09月25日 14時13分59秒
コメント(0) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.