305687 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

足首関節脱臼骨折(三果骨折・コットン骨折)した40代女性のブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月

コメント新着

駿河人@ Re:ご返事ありがとうございます。(05/08) 森高けい。さんへ こんばんは。骨折当時…
駿河人@ Re:ご返事ありがとうございます。(05/08) 森高けい。さんへ こんばんは。骨折当時…
森高けい。@ ご返事ありがとうございます。 駿河人さんへ 骨折当時を思い出させてし…
駿河人@ Re:一区切り・・かな?(05/08) 森高さん、こんばんは。こんな放ったらか…
森高けい@ Re:一区切り・・かな?(05/08) 初めまして 私は同じ足首脱臼骨折で術後2…

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析
2016年04月03日
XML
カテゴリ:骨折
この4月1日にまたまた異動した。これで三年連続の異動。もちろん就職以来初めてだ。もうロートルのおばさんをいじめないでほしいわ~と嘆く年度はじめだ。

ブログをさぼっている間に、1月下旬の「抜釘一周年」も何てことなく過ぎていった。

左足のその後の様子は「変化なし」。
ふとかがむ時、右足はかかとを地面につけたままだが、左足はつい踵を上げてしまう。
ちょっとした可動域制限が残ってしまったということだろう。残念だけど。

起床直後のこわばり、しびれはここ数か月まったく感じていない。そんな状態だったこともすっかり忘れていたが、今、ブログを書き始めたことで思い出した次第。ありがたいことだ。

それから、冬の間、寒さが厳しい日には左足首にわずかな鈍痛を感じることがあった。時間にしてもごく短いものなので、別に気にもならないが、年を取って酷くなったらいやだな…と思う。

2月半ばには、子供会のスケート教室に初参加してきた。
二年前は大雪のため中止(その少し後に骨折した)、昨年は抜釘後だったので大事をとって断念した経緯があったので、ようやく参加できたという感じ。
わざわざ馬場までスケート靴を取りに行くのも面倒なので(ちなみにシチズンのロッカーは今年も更新した。いったい今年は何回行けるのだろうか?)、貸し靴を履いたら、これがひどいナマクラで、エッジなんて直角じゃないかという代物。交換もせずそのまま履いて滑ったが、全く楽しめなかったし怖かった。
骨折前は、ナマクラな貸し靴でもそれなりに滑っていたことを思うと、やはり、スケートがかなり怖くなっていることを再認識した。

骨折以来、通勤はいつもスニーカーかサンダルを利用していたが、4月1日の金曜日は、一年以上履いていなかったあしながおじさんの約6.5センチヒールのローファーを履いて出勤した。
履いた感触は、やはり左と右では明らかに違うし、左足の方が早く疲れる。
それでも、徒歩20分の駅までの道のりは問題なく歩けたし、帰りなどは電車が故障で止まったために迂回して普段より長く歩く羽目になったが、さほど疲れることなく帰宅することができた。

でも、ヒール靴で走ることは左足が痛んでできなかったし、階段を降りるときはかなり怖かった。階段は慣れの問題かもしれないが、痛くて走れないのは困ったものだ。こちらも、しばらくがんばって履いていればできるようになるだろうか?
元の靴が履けるようになったら、私の気持ちの上ではかなり「治った」と言えるのだろうけど…。

でも、これだけ痛むということは、つまり高めのヒール靴は身体にとっては負担になるということなのかもしれないな。ならば、スニーカー生活が今後も続くのは別に悪いことではないのだろうか(負け惜しみ?)


ところで、先日ネットで遊んでいたら、小室哲哉氏が足を骨折されて、手術を待つ自分の姿を撮影して投稿した…という記事を見つけた。
TMが活躍していた80年代に中高生時代を過ごした私、一時期は本気で彼に恋していたなあ…。当時の私なら、「哲ちゃんと一緒!」なんて思っちゃったかもしれない…なんて、苦笑とともに考えた。
哲ちゃん(と、久しぶりに呼んでみる)も、早く良くなりますように。






最終更新日  2016年04月03日 20時16分24秒
コメント(11) | コメントを書く
[骨折] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.