1420678 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012.02.28
XML
「・・そうか、あいつがそんなことを・・」

土方は酒を一口飲みながら、沖田を見た。

「そういう事なんですよ、土方さん。あの2人が倒幕派の、しかも我々が目をつけている男の娘に招かれたということは、彼らとその娘とは何らかの繋がりがあるんじゃないでしょうか?」
「そうかもしれねぇな。だが、あの2人は俺達を裏切る様な事はしねぇと思うぜ。現に屯所に戻ってきたじゃねぇか。仮にもしもあいつらが長州の間者だったら、屯所に戻らず奴らの仲間になってたぜ。」
「そうですね・・確かにあの2人、特に四郎さんはわたし達に対しては恩義があるとかで、勤務態度は一番隊の隊士の誰よりも忠実で真面目です。彼らが倒幕派の一味ということはないでしょうね。」
「ああ、そう願いたいぜ。」
土方はそう言って溜息を吐いた。
「今日はとことん飲むぞ、総司。」
「解りました、お付き合いしますよ。」
土方と沖田の間には、試衛館時代の同志という間柄以上の、特別な空気が流れ始めていた。
「磯村、局長がお前にお話しがあるそうだ。」
翌朝、朝食を食べ終わった美津に一番隊の隊士が声をかけた。
「すぐに参ります。」
(局長がわたしに話なんて・・一体何だろう?)
普段あまり話す事のない局長に突然呼び出され、美津は不安を胸に抱えながら局長室の前に座った。
「磯村です、入ってもよろしいでしょうか?」
「入り給え。」
「失礼いたします。」
襖を開けると、上座に敷いてある座布団には近藤勇局長と、副長の土方と山南、そして沖田が座っていた。
「わたしにお話しとは何でしょうか?」
「磯村君、大変言いにくいことなのだが・・君はこのまま隊に残るつもりでいるのかね?」
近藤がそう言って美津をじっと見た。
「はい、わたくしは新撰組に入ってから、ここで骨を埋める覚悟でおります。」
「そうか・・女子の身で男ばかりの所に居て君も難儀をしているだろうと思っていたが、そうではないようだな。縁談の話はなしにしようと・・」
「縁談?わたくしにですか?」
「ああ、先方は大変乗り気になっているのだが・・」
「相手はどんな御方ですか?」
「会津藩士の川松という方で、君がかつて芹沢が呉服屋で無体を働いた時に彼を制止しようとしたのを見て大変凛々しい娘さんだと一目惚れしてしまい、両親にあの娘さんが自分の妻でなければ嫌だと言ったそうだ。」
「そうですか・・」
もう1年以上も前の出来事で、美津はもう忘れかけていたが、近藤の話を聞いて自分に一目ぼれした相手はどんな男なのか一度だけ会ってみたいという気がした。
「局長、一度だけその方に会わせていただけませんでしょうか?その方との御縁談を断るにしても、ちゃんと相手を見極めてからにしたいのです。」
「そうか、では先方にそのように伝えておこう。」
近藤はそう言って美津にニッコリと微笑んだ。
「ではこれで失礼いたします。」
局長室を出て、道場へ向かう途中、美津は背後から視線を感じて振り向いた。
「姫様、ご縁談をお受けなさるというのは本当ですか?」
四郎は眉間に皺を寄せながら言った。
「いいえ四郎、わたしは誰からの縁談をお受けするつもりはないわ。ただわたしを妻にしたいとおっしゃる方がどんな方なのか、会って確かめたいの。」
「それならば、わたしは反対いたしません。」
安堵の表情を浮かべた四郎は、そう言って美津を抱き締めた。
「四郎、わたしの心は全てお前のものよ。昔とは違って、今は何も縛られるものがないんだもの。」

凛がどんな事を企んでいるのかは知らないが、四郎との絆は永遠のものだと、美津はその時そう信じていた。






Last updated  2012.04.01 22:26:32
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

ホビット 決戦のゆ… New! おいら ^o^さん

衣類の有効利用とコ… New! クレオパトラ22世さん

ヴァチカンからの暗… New! romance_holicさん

志村けんロスの夫が… New! friendly0205さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:宝島 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(03/30) New! クレオパトラ22世さんへ 冒険小説とし…
クレオパトラ22世@ Re:宝島 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(03/30) New! 本として読む前に、絵本で読みました。片…
千菊丸@ Re[1]:秘密の花園(03/29) クレオパトラ22世さんへ 「小公子」は…
クレオパトラ22世@ Re:秘密の花園(03/29) 小公子や小公女の主人公はできすぎ君で、…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(198)

グルメ

(503)

読書記録

(1546)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(149)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(205)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(44)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(64)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(11)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(9)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.