1426724 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012.02.28
XML
美津は自分に襲いかかろうとする狼に対して刀を抜こうとしたが、間髪いれずに狼は美津を地面に押し倒した。

狼の巨体の下敷きとなった美津は、必死に酸素を求めて喘いだ。

「姫様っ!」
四郎の叫び声と共に、狼の断末魔の叫び声が路地に響いた。
「大丈夫ですか、姫様?」
美津はゆっくりと狼の骸を押し退けて立ちあがった。
狼は頭部を槍で一突きされ、絶命していた。そしてその槍は、狼の頭から喉元まで貫通していた。
「あと少しずれていたら、姫様のお体に傷をつけることになっていたかもしれません。お怪我がなくて本当によかったです。」
狼の頭から槍を抜きながら、四郎はそう言って主を見た。
「四郎、ありがとう。お陰で助かったわ。他の皆さんはどこに?」
「沖田先生達なら、向こうでお待ちしています。」
「わかったわ、すぐ行くと伝えて頂戴。」
「承知致しました。」
エーリッヒはそう言って路地を駆けて行った。
「一体この狼は何者だったのでしょう?今まで里で狼を見たことは何度かありますが、これほど大きなものは初めてです。」
「わたしもよ・・それよりも、この人の遺体を、屯所で引き取らないと。」
美津は狼の犠牲となってしまった女性―幾の遺体に向かって十字を切った。
「ええ。」
四郎と美津は、提灯を持ってエーリッヒの後を追った。
光が消え、後には闇が路地を満たした。
「遅くなってしまい、申し訳ありません。」
美津と四郎はそう言って沖田達に頭を下げた。
「狼はどうしました?」
「わたしが槍で仕留めました。後で川松様のお母君のご遺体を屯所へお運びしたいのですが、よろしいでしょうか?」
「勿論いいですよ。いつまでも路上に野晒しにさせる訳にはいきませんからね。」
沖田は溜息を吐きながらそう言うと、美津達に背を向けて歩き出した。
「エーリッヒ、幾様はどうしてあんな所で狼に襲われたんだと思う?」
美津は狼に襲われる前に抱いていた疑問をエーリッヒに投げかけた。
「確かに、ご婦人が夜に一人歩き、しかもこんなに人気のない路地にいるなんて変ですね。それに彼女が1人でいる所をたまたま狼が襲いかかったというのも、妙に納得がゆきません。」
「わたし、昨日幾様にお会いしたけれど、第一印象としてはとても礼儀正しくて、慎重で、絶対に夜道を1人で歩かない方だと思ったの。こんな時間に1人でいたのは、何か事情があったのではないかしら?」
「少し調べてみる必要がありそうですね。狼が何故あの路地に居たのかを。」
「ええ・・」
屯所に戻った美津達は、今夜起きた事件の事が気になってなかなか眠れなかった。特に犠牲者が昨日美津と見合いした相手の母親だから尚更だ。
「ねぇ四郎、起きてる?」
「はい、起きておりますよ。」
美津は隣で四郎が起き上がる気配を感じた。
「やっぱりあの路地で何があったか気になるわ。2人であの路地を調べてみない?」
四郎は美津の言葉を聞いて押し黙ってしまった。
「ねぇ四郎、聞いてる?」
「余り危険なことはしない方がよろしいかと思いますが・・いつ何処に危険が潜んでいるかわからないのですから・・」
「でも、気になって・・」
「明日の朝、路地へ向かいましょう。朝ならばもし狼に襲われても反撃できますから。」

四郎はそう言うと、美津に背を向けて眠り始めた。
彼の言葉に釈然とせぬまま、美津はゆっくりと目を閉じて眠りに落ちていった。






Last updated  2012.04.01 22:34:23
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

超英雄祭40x35 New! みつき2733さん

コロナウィルス New! 癒しハムスターブログさん

夕食は、ビーフシチ… New! friendly0205さん

4月7日 記事更新… New! 紅子08さん

なかなか New! ruka126053さん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:花見は今年は一ヶ所だけ。(04/05) クレオパトラ22世さんへ 毎年花見の季…
クレオパトラ22世@ Re:花見は今年は一ヶ所だけ。(04/05) 見事な桜ですね。春以外の季節にはそこに…
千菊丸2151@ Re[1]:宝島 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(03/30) クレオパトラ22世さんへ 冒険小説とし…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(199)

グルメ

(503)

読書記録

(1551)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(204)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(46)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(64)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(12)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(9)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.