1427281 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012.02.28
XML
『見つけたわ・・お母様の髪飾り!』

少女はそう叫んで涙を流した。

「あれは、あの子のものだったのですね・・」
四郎はそう言いながら涙を流す少女を見た。
「そうみたいね・・」
金剛石の髪飾りがあるべきところに戻ったのを見届けると、美津は四郎とともに屯所へと戻って行った。
「お嬢様、よかったですね。これで旦那様も大喜びですわ。」
ロゼは大泣きする主の背中を撫でながら言った。
「わたし、あの人達にお礼を言わなければ。お母様の髪飾りを見つけてくださってありがとう、って。」
マリーは髪飾りを髪に留めながら、美津と四郎の姿を探したが、彼らは何処にもいなかった。
「あら、おかしいわね・・さっきまでそこにいたのに・・」
「彼らが何処に行ったのか、知りたい?」
突然背後から女の声がして、マリーは振り向いた。
そこには、顔に火傷痕がある女が立ち、薄笑いを口元に浮かべながら自分を見ていた。
女の姿を見た瞬間、マリーは恐怖に震えた。
「あなた、誰?」
「わたしはりえ。あなたがお礼を言おうとしている女の正体を知っているわ。」
女はそう言ってゆっくりとマリーに近づき、彼女の耳元で何かを囁いた。
彼女の言葉を聞いたマリーの顔が、怒りでみるみる赤く染まって行った。
「ロゼ、彼女を今すぐにでも見つけるわよ!」
「どうなされたのですか、お嬢様?」
「あの盗人を見つけて殺してやるんだから!」
マリーはそう叫ぶと走り出した。
「お待ちください、お嬢様!」
慌ててロゼは主の後を追った。
「ふふ、これでうまく行った・・後は小娘次第ね・・」
女はそう呟いて闇の中へと消えた。
一方、屯所へと戻った美津と四郎は、エーリッヒに髪飾りの持ち主が見つかったことを報告した。
「良かったですね、姫様。あのまま持ち主が見つからなければどうしようかと思っていましたが、無事に見つかってよかったです。」
エーリッヒはそう言って溜息を吐いた。
「そうね。」
美津と四郎、エーリッヒが部屋で休んでいると、1人の隊士が慌てて3人の方へとやって来た。
「磯村、お前に話があるって異人さんが来てるぜ。」
(異人さんって、あの子が?あの子に髪飾りを返したのに・・)
髪飾りを返したから自分には話などないと思っていたが、少女の方はあるらしい。
「どうなさいましたか、姫様?」
「さっき会った子が、わたしに話があるって。少し出てくるわ。」
「じゃぁ俺も一緒に行きましょう。」
エーリッヒはそう言って立ち上がり、美津と共に部屋を出た。
「お客様はどちらに?」
「あっちだよ。」
門の方へと向かうと、少女が両腕を組んで美津を待っていた。
『わたしにお話しって、何かしら?』
『あなた、お母様の髪飾りを盗んだのね!?』
そう言うなり、少女は美津の横っ面を張った。
「なん・・」
突然のことで、エーリッヒは呆気に取られたが、慌てて地面に倒れそうになった美津を抱き留めた。
『お前があの女と手を組んでお母様の髪飾りを売り飛ばしたことは知ってるわよ!よくもわたしを騙してくれたわね、許せないわ!』

蒼い瞳に大粒の涙を流し、憎しみを宿しながら、少女は憤怒の表情を浮かべながら美津を睨んだ。






Last updated  2012.04.01 22:42:10
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

マスクを作った New! みつき2733さん

土佐文旦のレモン煮… New! friendly0205さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

4月8日 記事更新… New! 紅子08さん

ギルドハンター最新… New! romance_holicさん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:花見は今年は一ヶ所だけ。(04/05) クレオパトラ22世さんへ 毎年花見の季…
クレオパトラ22世@ Re:花見は今年は一ヶ所だけ。(04/05) 見事な桜ですね。春以外の季節にはそこに…
千菊丸2151@ Re[1]:宝島 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(03/30) クレオパトラ22世さんへ 冒険小説とし…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(199)

グルメ

(503)

読書記録

(1551)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(204)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(46)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(64)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(12)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(9)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.