1391837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012年10月11日
XML

「申し訳ありませんが、あなたを外へお通しする訳には参りません。」
「そう。なら力ずくで出て行くしかないわね。」

美津はそう言うと、メイドを突き飛ばした。
彼女が小さな悲鳴を上げたのを聞くと、美津は寝室から出て行った。

いつの間にか連れ去られてたので、この邸がどんな構造なのかわからず、美津は出口を求めて長い廊下を彷徨っていた。

(どこ?出口はどこなの?わたしは早く四郎の元に帰らないといけないのに・・)

焦れば焦るほど、美津は邸の奥へと迷い込んでいってしまった。
まるでこの邸は迷路のようだ―美津がそう思いながらドアを開けると、そこには別世界が広がっていた。
華やかなドレスに着飾った貴婦人たちが、笑いさざめきながらジロジロと自分を見ていた。
それは燕尾服に身を包んでいる男たちも同じだった。
まるで珍獣のような目で、美津を見ていた。

(何なの、この人たち?どうしてわたしを見ているの?)

「美津様、見つけましたよ。」
背後から腕を掴まれ、美津が振り向くと、そこにはあのメイドが立っていた。
「何するの、放して!」
「さぁ、お部屋にお戻りください。」
「いやよ、わたしはここから出るの!出て四郎に会うの!」
メイドの腕を振り切ろうとした美津だったが、儚げなみかけによらず、彼女の力は強かった。
「放してって言ってるでしょう!」
「お静かになされませ、美津様。お客様に聞こえてしまいます。」
「お客様って、さっきの部屋に居た人たち?」
「そうですよ。さぁ美津様、お召し替えを。」
その後はメイドに言われるがままに美津が入った部屋は、化粧室だった。
「そちらへお座りくださいませ。」
「わかったわよ。」
彼女のいうとおりにしたほうがいいと思った美津は、そう言って化粧台の前に腰を下ろした。
メイドが手を鳴らすと、部屋に数人のメイド達が入ってきた。
「彼女達があなた様のお世話をいたします。」
「一体わたしに何をするの?」
「あなた様をお客様の前に立派なお姿にさせる為です。少し辛抱してくださいませ。」
「そう、できるだけ早く済ませてね。」
「わかりました。」
ちらりと彼女が他のメイドたちに目配せすると、彼女達は早速動いた。
「髪を梳かせていただきます。」
「痛いわね、もっと優しくやってよ!」
「す、すいません・・」
慣れない環境で突然見知らぬ者に髪を触られ、美津はついメイドに声を荒げてしまった。
「いいわよ。さっさと済ませて頂戴、急いでいるんだから。」

メイド達に髪を結い上げている間、美津は仏頂面を浮かべていた。






最終更新日  2012年10月11日 14時15分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

小説教室はやります。 New! わかつきひかるさん

新聞記者 New! おいら ^o^さん

ピーターパン君で寝… New! クレオパトラ22世さん

A Mere Formality イ… New! romance_holicさん

夫の夕食は、海老チ… New! friendly0205さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸@ Re[1]:一輪花 現代編 「夢と葉桜」 (2)(02/17) 株式会社SEES.iiさんへ 原作未読ですが、…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 現代編 「夢と葉桜」 (2)(02/17) お疲れ様です。 「現代版」すか……。 進撃…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) マトリックスAさんへ 愛する者の前で無防…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) こんにちは。 愛し合う二人は、相手のこ…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(104)

日記

(201)

グルメ

(503)

読書記録

(1475)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(58)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.