1385617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012.10.11
XML

鬼神の言葉を受けた美津は一瞬きょとんとしたが、すぐさま怒りで顔を赤くさせた。

「何それ、どういう意味よ!」
「そなたがはなからわしに心を開くなど、考えてもおらぬわ。」
「じゃぁ、どういうつもりでここにわたしを閉じ込めるの?」
「それは、この国の未来を占ってほしいと思うておるからじゃ。」
「はぁ?」
鬼神の言葉を受け、美津は思わず言葉が裏返ってしまった。
「一体何を言っているの、あなた?わたしは占い師でもなんでもないわ!そんなわたしに、一体どうやってこの国の未来を占えと?」
「そなたはまだ己の力を自覚しておらぬな。」
鬼神は美津を馬鹿にしたような笑みを浮かべると、すっと彼女に一歩近づき、耳元でこう彼女に囁いた。
「後で逃げる算段をつけておるゆえ、適当にごまかせ。」
「えっ」
美津が思わず鬼神の顔を見つめると、彼はふっと口端をあげて笑った。
「皆様、こちらが未来を予言できる少女・ミツです。」
突然鬼神に背中を押され、美津は見知らぬ外国人客たちの前に立った。
「は、はじめまして・・ミツです。」
「まぁ、可愛らしいこと。あなたが未来を占ってくれるのね?」
大きな身体を揺らしながら、ロシア大使夫人がそう言って美津の肩を叩いた。
「ええ・・」
一体どうすればこの場を切り抜けられるのか、美津は考えていた。
(適当にごかませと彼は言ったわ。でも、その方法が・・)
「美津様、こちらへ。」
大使夫人らとの挨拶を終えた美津が所在なさげにウロウロとしていると、自分の部屋に入ってきたメイドが彼女に手招きした。
「何かしら?」
「これを。」
メイドがそう美津に差し出したのは、革張りの表紙がしてある一冊の本だった。
「ここには諸外国の情勢が書かれております。それを参考にして、彼らに適当な予言をなさってください。」
「そんなことをして、大丈夫かしら?」
「旦那様は一時のわがままであなたをここに拉致したことを後悔していらっしゃるのです。どうか旦那様のお気持ちを無下になされませんよう。」
「わ、わかったわ・・」
「ではわたくしはこれで・・」
メイドはそう言うと、すっと大広間から出て行った。
その後美津は渡された本を頼りに諸外国の要人達へ予言をした後、自分の部屋へと戻った。
「美津様、おられますか?」
「ええ、居るわ。」
「失礼いたします。」
ドアが開き、メイドが何かを抱えながら部屋に入ってきた。
「これにお着替えなさいませ。」
美津はベッドに置かれた男物の服を見て、鬼神が彼女をここから逃がしてくれるのだとわかった。
「さぁ、お早く!」
「わかったわ、着替えを手伝ってくれる?」
「かしこまりました。」

数分後、着替えを終えた美津は髪を後ろで一括りに結び、馬に跨ると邸の裏口から外へと飛び出していった。

(待っててね、四郎!必ずあなたの元へ戻るから!)






Last updated  2012.10.11 21:51:31
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

ポイントが・・・ New! kaze-uniさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

夕食は、すき焼き(… New! friendly0205さん

麒麟がくる 5話 New! みつき2733さん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) マトリックスAさんへ 愛する者の前で無防…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) こんにちは。 愛し合う二人は、相手のこ…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編「黒猫」(五十三)(02/12) マトリックスAさんへ お引越しされて色…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編「黒猫」(五十三)(02/12) 大変遅くなりましたが 何とか再開致しま…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(201)

グルメ

(504)

読書記録

(1474)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(56)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.