1393995 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012年10月12日
XML
それからというもの、エーリッヒは忙しいときにも関わらず、四郎の看病を毎日していた。

「済まないな、お前の手を煩わせて。」
「謝るな、馬鹿。お前に感謝されることはあるが、謝られることは何ひとつしていないつもりだ。」
エーリッヒはそう言ってレンゲで粥を一口分取ると、それを四郎の口元に運んだ。
「熱いから、俺が冷ましてやろうか?」
「そんなこと、俺でも出来る。」
四郎は少しムッとした表情を浮かべると、エーリッヒの手からレンゲを奪い、粥に少し息を吹きかけてそれを食べた。
「どうだ?」
「中々いい。初めてにしては上出来だな。」
「まぁな。昔凛のところで働いていたときは、散々こき使われたからな。」
「そうか。」
二人きりになると、いつの間にか過ぎ去った頃のことを思い出してしまう。
「何でだろうな、鬼になってから、最近昔のことばかり思い出すんだ。もう過ぎ去って戻ることのない時間に、再び戻りたいと思うような気がしてならない。」
「わたしもだ。戦が起こる前は平和だったからな。それに・・わたしの家族はまだ生きていた。」

四郎の言葉を聞いた途端、エーリッヒは黙り込んでしまった。
彼の家族は、凛によって虐殺された。
凛への憎しみと家族の仇を討つ為だけに、気が遠くなるような長い年月を四郎は美津とともに過ごしてきたのだ。
「なぁ四郎、ひとつ聞いてもいいか?」
「なんだ?」
「初めて・・俺と会ったとき、俺のことをどう思った?」
「なんだ、そんなことか。」
四郎はくすくすと笑いながら、エーリッヒと初めて会ったときのことを思い出した。
敵方についていた彼は堂々と美津の居る城へと入り、勝負を挑んできた。
そして彼は美津の側につき、四郎とともに彼女の従者となった。
突然恋敵が現れ、四郎はその時心が乱れたが、エーリッヒの美津に対する想いは単なる友愛だと気づいたとき、いつの間にか彼に対する嫉妬は四郎の心から消え去っていた。
「はじめは憎たらしくいけすかない奴だと思っていたが、そうではないと気づいたときは島原に居たときかな。」
「そうか。あまりお前が姫様とばかり話しているから、てっきり嫌われているのかと思ったよ。」
「そうか・・」
四郎は布団から出て立ち上がると、文机の上に置いてあった守り袋を手に取った。
「なぁ、これを覚えているか?」
そう言って彼は、守り袋の中からトパーズの指輪を取り出した。
「懐かしいな・・」
それを見たエーリッヒのコバルトブルーの瞳が、懐かしそうに細められた。
その指輪は昔、美津と3人で友情の印として彼女にもらったものだった。
「お前はまだ持っているのか?」
「もちろんさ。大事な友情の証だからな。なくさないよう、こうして身につけているよ。」
エーリッヒは首から提げている鎖ごと指輪を四郎に見せた。
「お前のように身に着けたほうが失くさずに済むかもしれんな。こんな無防備に高価な物を置いていると誰か盗みに入るかもしれないし。」
「そうしろ。鎖は俺が用意するから。」
「ありがとう。」
「何だか照れ臭いな。」
エーリッヒはハシバミ色の髪をボリボリと掻きながら、照れ臭そうに笑った。
「姫様は、今何処にいらっしゃるのだろう?」
「さぁな。だがあの姫様だ、簡単にくたばるようなお方ではない。」
「そうだな・・」
2人が美津のことに想いを馳せていると、廊下で誰かが走ってくるような音がした。
「何だ?」
「さぁ・・」
「四郎、エーリッヒ、ここに居たのか!」
襖が勢いよく開かれたと思うと、十番隊組長・原田左之助が部屋に入ってきた。
「原田先生、どうされました?」
「さっき土方さんから聞いたんだが・・坂本龍馬が暗殺された!」
「何ですって!?」

左之助の話を聞いた二人の顔が強張った。


1867(慶応三)年11月15日、薩長同盟を成立させた維新の立役者・坂本龍馬は近江屋にて何者かに暗殺され、31歳の若さで没した。

彼の死をきっかけに、日本中は動乱と混沌、そして戦の渦へと容赦なく巻き込まれていくのだった。







最終更新日  2012年10月12日 15時19分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

スポーツクラブで病… New! わかつきひかるさん

ロード・オブ・ウォー New! おいら ^o^さん

簡易マスクを作る New! クレオパトラ22世さん

「ボールルームへよ… New! らいち♪♪さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:少子化の原因は?(02/26) New! クレオパトラ22世さんへ 結婚願望、何…
クレオパトラ22世@ Re:少子化の原因は?(02/26) New! 結婚して、自分らしく生きられない、 夫と…
千菊丸2151@ Re[1]:まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん(02/14) クレオパトラ22世さんへ 機会があれば…
クレオパトラ22世@ Re:まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん(02/14) 私は文楽が好きなので三浦しをんさんの「…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(104)

日記

(202)

グルメ

(503)

読書記録

(1476)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(58)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.