1387777 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012年10月12日
XML

坂本龍馬が暗殺されたその一年後、戦火は鳥羽・伏見でついた。

伏見奉行所で待機していた新選組は新政府軍を迎え撃ったものの、フランス軍の協力を得て新型兵器を投入した新政府軍に旧幕府軍はたちまち劣勢に陥った。

「このままだと、新政府軍の勢いに押されて幕府とともに共倒れになるな。」
「ああ。」
四郎は何度も戦を経験していたが、この戦いは今までのものとは違った。
刀や槍が、銃器に取って代わったのだ。
「副長は今どうなさっている?」
「さぁ、淀藩の方と会合をなさってるとか。近藤局長さえ、この場に居られたらいいのだが・・」
新選組局長・近藤勇は大阪城へと出仕した帰路の途中、今は亡き新選組元参謀・伊東甲子太郎率いる「高台寺党」の残党により狙撃され、右肩を負傷し労咳を患っていた沖田総司とともに大阪へと護送された。
その為、不在となった近藤の代わりに土方が新選組を実質上率いていた。
彼は近藤が居なくなってからというもの、昼夜を問わず働いていた。
「副長は一体、いつ休まれているんでしょうね?」
「さぁ。あの方にとって、新選組は己の人生の結晶だろうよ。」
「結晶?」
「ああ。わたしが新選組に入隊して間もない頃、一度土方さんと酒を飲んだことがあってな。まぁ、副長は下戸だから、飲んでいたのはわたしだけだったが。」

四郎は目を閉じながら、当時のことを思い出した。

まだ新選組に入隊して間もない頃、四郎は土方から飲みに誘われて島原へと赴いた。
土方は自分が農家の出身であることや、同じく農家出身である親友・近藤と夢を追い上洛したことを四郎に話した。
「おめぇも元は農家の生まれなんだろう?」
「なぜ、おわかりに?」
「まぁ、勘だがな。おめぇはこれからどうするつもりだ?」
「さぁ、わかりません。あちこちさまよった末、ここに流れ着いたものですゆえ。」
「そうか。まぁ焦るこたぁねぇよ。己の道なんざ自分で見つけるしか他ねぇんだ。」
土方はそう言ってふっと笑うと、四郎を励ますかのように彼の肩を叩いた。
「へぇ、そんなことがあったのか。」
「まあな。周りからは鬼副長と呼ばれてるが、実際あの方は優しい方なのかもしれん。」
「そうだろうな。」
二人が話していると、土方の姿が廊下に現れた。
「てめぇら、油売る暇があるんなら働きやがれ!」
「申し訳ございません、副長!」
四郎とエーリッヒは慌てて廊下から去っていった。
その直後、銃声が外に響いた。
「何だ!?」
「てめぇら、出陣だ!」
「はい!」

四郎達が出陣すると、既に新政府軍の攻撃は始まっていた。

「行くぞ!」
「おうっ!」

銃弾が雨のように降り注ぐ中、四郎は愛用の槍を握り締めながら駆けていった。







最終更新日  2012年10月12日 15時34分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

絶対零度4 7話 New! みつき2733さん

銀の匙15巻感想。 New! わかつきひかるさん

2月19日 記事更… New! 紅子08さん

G3 (潮) 【I G… New! 北摂かやさん

夕食は、ビーフシチ… New! friendly0205さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) マトリックスAさんへ 愛する者の前で無防…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) こんにちは。 愛し合う二人は、相手のこ…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編「黒猫」(五十三)(02/12) マトリックスAさんへ お引越しされて色…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編「黒猫」(五十三)(02/12) 大変遅くなりましたが 何とか再開致しま…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(104)

日記

(201)

グルメ

(503)

読書記録

(1475)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(56)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.