1395185 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012年10月12日
XML
1945(昭和20)年、8月。

日本軍の真珠湾奇襲から勃発した太平洋戦争は、広島・長崎の原子爆弾投下によるポツダム宣言受諾により、敗戦した。

だが空襲によって焼かれた東京・大阪などの大都市は焼け野原が広がり、もう米軍機の空爆に怯える日々がなくなったというものの、食糧や衣料品、医薬品などが不足し、先の見えない暗いトンネルの中を、四郎達をはじめとする国民は歩いていた。
四郎は闇市で得たミシンで仕立ての仕事を始め、何とか生計を立てていたが生活は苦しかった。
「四郎、ただいま。」
「お帰り。」
粗末なバラック建ての扉が開き、エーリッヒが疲労を滲ませながら帰宅した。
「今日も駄目だったか?」
「ああ。みんな飢えてるからな。やっぱり早めに出ないと食い物はなかなか手に入らないよ。」
「そうか・・」

四郎はミシンを動かす手を止めると、溜息を吐いた。

「ここんところ、商売上がったりだよ。闇市を警官が巡回しているからなぁ。」
「まぁ、仕方ないだろうよ。さてと、今日もすいとんにするか。」
「わかった。」

四郎は台所とはいえない粗末な炊き場へと向かうと、僅かながらに手に入れたさつまいもをふかし始めた。
その時、誰かが扉を叩く音が聞こえた。

「どちら様ですか?」

四郎が外から声をかけたが、返事は返ってこなかった。
泥棒だろうかと訝しがりながら彼が扉を開けて外へと出ると、そこには美津が立っていた。
白い頬は何故か黒く煤けており、腰下までの長さがあった黒髪は肩の辺りで切り揃えられていた。

「姫様・・姫様なのですか?」

四郎がそう美津に問いかけると、彼女は静かに頷いた。

「わたしよ、四郎・・帰るのが遅くてごめんね。」
「姫様!」

堪らず四郎は、美津を抱き締めた。

「ご無事でよかった、姫様。」
「あなたもね。これでずっと一緒に暮らせるわ・・」
「おい、どうしたんだ・・」

外の異変に気づいたエーリッヒがそう言ってバラックから出てくると、美津の姿を見て絶句した。

「ただいま、エーリッヒ。」
「お帰りなさい、姫様・・」

何処までも澄んだ青空の下、四郎とエーリッヒは漸く美津との再会を果たした。


―第3部・完―


あとがき

少しとびとびな展開になってしまいました。
第4部は少し時間を置いて書きます。






最終更新日  2012年10月12日 19時59分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

ザ・ロック New! おいら ^o^さん

コロナのせいで次々… New! クレオパトラ22世さん

明日はWOWOWで仮面ラ… New! みつき2733さん

SILVER SHARKとA Mer… New! romance_holicさん

夕食は、鯖の味噌煮… New! friendly0205さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸@ Re[1]:少子化の原因は?(02/26) マトリックスAさんへ 誰かの責任をなすり…
マトリックスA@ Re:少子化の原因は?(02/26) 今晩は。 返信遅くなってすみません。 コ…
千菊丸2151@ Re[1]:少子化の原因は?(02/26) クレオパトラ22世さんへ 結婚願望、何…
クレオパトラ22世@ Re:少子化の原因は?(02/26) 結婚して、自分らしく生きられない、 夫と…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(104)

日記

(202)

グルメ

(503)

読書記録

(1476)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(59)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.