1317468 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2014.11.12
XML
「千尋ちゃん、どないしたん?」
「いえ、何でもありません。」
「またあの子にちょっかい出されたんか?」
橘太夫の禿に突っかかられたところを見ていた他の太夫がそう言って千尋を見た後、溜息を吐いた。
「姐さんは、あの子の事をご存じなのですか?」
「まぁなぁ。あの子は千里いうて、音羽屋の前に赤子の時に捨てられていた子なんや。橘姐さんは千里の事をよう可愛がってはるから、あんたに姐さんを取られるんやないかと思うてちょっかい出したんやない?」
「そうですか・・」
「あんまり気にせん方がええわ。」
「わかりました。」
その太夫に頭を下げると、千尋は他の振袖新造達とともに鳴り物の稽古がある部屋に入った。
「お師匠さん、有難うございました。」
「あんたはええ筋をしてはるなぁ。立ち居振る舞いも洗練されとるし・・あんた、どこぞの武家のお嬢様やったん?」
「ええ。家はわたくしが幼い頃に没落してしまいまして、祖母からは名家の誇りを忘れるなと、色々と鳴り物やお茶などの習い事を受けました。」
「そうか。まぁあんたのような訳ありの子はようさん見てきたわ。この前もなぁ、ここにわけありの子が来ていたなあ。」
「そうですか・・」
「何でも、大坂の大店の娘やったけれど、家が賊に襲われて売り飛ばされたて聞いたえ。」
「その子の名前は、わかりますか?」
「さぁ、忘れてしもうたなぁ。その子はもう、島原から急に消えたしなぁ・・」

三味線の師匠から興味深い話を聞いた千尋は、すぐさまその話を文にしたため、監察方に手渡した。

「大坂の大店の娘ねぇ・・その娘が、長州の浪士どもと連絡を取り合っているかもしれねぇなぁ。」
「大坂にはまだ、禁門の変で京から追い出された長州の浪士どもが再起を図って潜伏しているという噂がある。引き続き、荻野君には警戒を怠らないようにしてくれと伝えてくれ。」
「わかった。」
副長室の中で歳三と近藤がそう話をしているのを襖越しに千が聞いていると、誰かが彼の肩を叩いた。
「君が、千君だね?」
「はい・・」
千が振り向くと、そこには参謀として新選組に入隊した伊東甲子太郎が立っていた。
「君にひとつ、頼みたいことがあるんだ。」
「何でしょうか?」
「ここでは人目がつくから、離れに来てくれないか?」
「はい・・」
千は伊東とともに離れへと向かうと、伊東は自分の隣に座るよう勧めた。
「あの、僕に頼みたいことって何でしょうか?」
「君は土方君と親しいようだね?」
「親しいというよりは、ただ仕事を与えて貰っただけです。」
「そうか。」

千の言葉を聞いた伊東は、急に千に興味を失くしたようだった。

「君はもうさがっていい。」
「はい・・」

(伊東先生は、僕に何を頼みたかったんだろう?)

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2014.11.12 13:14:01
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

#陳夢 #王曼昱 #グラ… New! friendly0205さん

通信添削を利用して… New! わかつきひかるさん

『ラズーン』第六部… New! segakiyuiさん

『2019年10月期・ベ… New! くう☆☆さん

騎士竜戦隊リュウソ… New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1428)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(196)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.