1391111 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2015年04月23日
XML
「そなた、孤児院の火事は知らぬと先ほどわたしに話していたことは嘘だったのか?」
「そ、それは・・」
トムはそう言うと、皇帝から目を逸らした。
「陛下、聖マリア孤児院を男達に命じて放火していたのは、あなたの隣に居る少年です。その少年は、貧しく卑しい境遇から這い上がる為にあなた様を騙し、偽りの身分を手に入れたのです!」
「僕はただ、貴族になりたかっただけだ! それを望むことが、何かの罪になるのか?」
「貴族になりたいと願うお前の気持ちは罪にはならない。だが、お前は凛の家族と身分を奪い取った。他人の物を盗むのは、れっきとした犯罪だ!」
アレックスの言葉を聞いたトムは、大理石の床に蹲った。
「陛下、許してください、僕は・・」
「連れて行け。」
皇帝は、冷たい目でトムを睨んだ後、彼の胸元につけているブローチを乱暴に剥ぎ取った。
「よくもわたしを騙してくれたな、その罪は重いと思え。」
「嫌だ、離せ~!」

近衛隊に連行されていくトムの姿を、エリザベートを含む貴族達は冷ややかな目で見つめていた。


「エリザベート、そなたを一瞬でも疑ってしまったことを恥じてしまったわたしを許してくれ。」
「陛下、お顔を上げてください。」
エリザベートは凛とともに皇帝の前に立った。
「皇帝陛下、お初にお目にかかります、リンと申します。」
「そなたが、マリアの子。」
皇帝はそう言うと、凛を慈愛に満ちた目で見つめた。
「リンよ、そなたは今何を望む?」
「僕の望みは、実の父と会うことです。それ以外、何も望みません。」
「そうか。」
歳三が皇帝の元へと向かうと、そこには自分と同じ紫の瞳をした少年が立っていた。
「トシゾウ、そなたの子だ、抱き締めてやれ。」
「凛・・」
「お父さん!」
こうして凛と歳三は、16年もの時を経て再会を果たした。
「会いたかった、ずっと・・」
「俺もだ、凛。」
歳三はそう言うと、涙を流した。
「凛、お前はこれからどうしたいんだ?」
「僕はお父さんと一緒に暮らしたいです。お父さんは、どうしたいのですか?」
「俺はお前と同じ気持ちだ。」

歳三はそっと凛の手を握ると、彼に優しく微笑んだ。

舞踏会から一週間が過ぎた頃、歳三と凛はウロボロス市内の教会に来ていた。

「お母さん、お父さんを連れてきたよ。」

母・千尋の墓の前で凛はそう言うと、薔薇の花束を墓の前に供えた。
千尋が死に、父を捜すために長い旅をしてきたが、その旅はもうすぐ終わりを告げる。
「千尋、凛を生んでくれて有難う。お前に会えなかったのは辛かったが、これから凛と仲良く暮らすから、天国から見守ってくれ。」
歳三は千尋の墓にそう語りかけ、凛の左手薬指に嵌められた千尋の指輪をそっと撫でた。
「もう行きましょうか?」
「ああ、わかった・・」

千尋の墓参りをした二人は、ある場所へと向かった。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2015年12月11日 16時23分37秒
コメント(4) | コメントを書く
[完結済小説:琥珀の血脈] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:琥珀の血脈 第135話(04/23)   kaze-uni さん
やっと、トムが排除され凛の身分が認められましたね。
長い道のりでしたね。 (2015年04月24日 01時11分30秒)

Re[1]:琥珀の血脈 第135話(04/23)   千菊丸2151 さん
kaze-uniさん
>やっと、トムが排除され凛の身分が認められましたね。
>長い道のりでしたね。
-----
長い道のりの末、凛は漸く父親と再会できました。
(2015年04月24日 05時58分28秒)

Re:琥珀の血脈 第135話(04/23)   風とケーナ さん
千菊丸さま、こんばんは♪
いつも本当にありがとうございます!

ついに歳三様と凛くんが実の親子の対面を果たし、
感動で胸がいっぱいです。
凛くん、今まで本当に様々な逆境を乗り越えてきて、
数々の場面が心に甦って感無量な思いです。

天国の千尋ちゃんもきっと微笑みながら二人を見守っていますね。

(2015年08月19日 23時11分51秒)

Re[1]:琥珀の血脈 第135話(04/23)   千菊丸2151 さん
風とケーナさん
>千菊丸さま、こんばんは♪
>いつも本当にありがとうございます!

>ついに歳三様と凛くんが実の親子の対面を果たし、
>感動で胸がいっぱいです。
>凛くん、今まで本当に様々な逆境を乗り越えてきて、
>数々の場面が心に甦って感無量な思いです。

>天国の千尋ちゃんもきっと微笑みながら二人を見守っていますね。


-----
漸く歳三と凛が親子としての対面を果たしました。
長い道のりでしたが、二人の事を応援してくださり、ケーナ様有難うございました。 (2015年08月20日 15時09分34秒)

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

送料無料で高くなる? New! わかつきひかるさん

手紙 New! おいら ^o^さん

コロ少し太りすぎ New! クレオパトラ22世さん

#卓球 #ハンガリーOP… New! friendly0205さん

A Mere Formality イ… New! romance_holicさん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸@ Re[1]:一輪花 現代編 「夢と葉桜」 (2)(02/17) 株式会社SEES.iiさんへ 原作未読ですが、…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 現代編 「夢と葉桜」 (2)(02/17) お疲れ様です。 「現代版」すか……。 進撃…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) マトリックスAさんへ 愛する者の前で無防…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) こんにちは。 愛し合う二人は、相手のこ…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(104)

日記

(201)

グルメ

(503)

読書記録

(1475)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(57)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.