1312760 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2015.04.29
XML

その日の夜、歳三は桐生に呼び出され、祇園の料亭に来ていた。

「桐生殿、お待たせいたしました。少し用事が立て込んでいて、来るのが遅くなってしまい、申し訳ありません。」
「いいえ、わたしも今来たところです、お気になさらず。」
桐生はそう言うと、歳三に微笑んだ。
「伊東さんが怪しい動きをしているとは、一体どういうことなのでしょうか?」
「実は、伊東殿は密かに薩摩と繋がっているとの噂を聞きました。」
「薩摩と、ですか?」
「ええ。」
薩摩と会津藩は、禁門の変に於いて共に長州藩を京から退けたが、薩摩藩の動きが少しずつ倒幕に傾いていると、桐生は歳三に話した。
「薩摩が、倒幕に傾いているとなれば、やがて薩摩を敵対視している長州とも繋がる虞(おそれ)がありますね。」
「ええ。薩摩藩は我が藩よりも兵力がありますし、薩摩と戦となれば会津が敗れるのは目に見えております。ただでさえ幕府の屋台骨が不安定だというのに、これからどうすればよいのか・・」
「容保公は、薩摩藩に対してどのようなお考えをお持ちなのですか?」
「殿は、暫く様子を見ると仰っておりました。」
桐生がそう言って酒を飲んでいると、襖の外から衣擦れの音がした。
「今晩わぁ。」
「おお、来たか、入れ!」
隣の座敷が呼んだ芸妓が、どうやら置屋から来たようだった。
「芸妓を呼んで座敷遊びをするなど、随分と余裕がある方なのですね、隣の座敷の客は。」
「恐らく裕福な商人でしょう。」
桐生はそう言うと、座布団から立ち上がった。
「では、某はこれにて。」
「お気をつけてお帰り下さい。」
歳三は部屋から出て行く桐生を見送った後、膳の上に残っていた料理に箸をつけた。

(伊東が薩摩と繋がっているとわかれば、監察方を使ってあいつの動きを探ってみるか・・)

歳三が窓を開けると、空には月が銀色の光を放ちながら浮かんでいた。
彼が月を眺めながら酒を飲んでいると、襖が開いて誰かが入って来た。
歳三が襖の方を振り向くと、そこには群青色の留袖姿の芸妓が立っていた。
「貴様、何者だ?」
「新選組副長・土方歳三様でございますね?」
芸妓はそう言って歳三の元に来ると、彼の手に文を握らせた。
「この文は?」
「恋文でございます。では、わたくしはこれにて。」

謎めいた芸妓は歳三に笑みを浮かべた後、座敷から去っていった。

(何だったんだ、さっきの女は。妖の類か?)

料亭から屯所への帰り道に、歳三がそんなことを思いながら歩いていると、向こうの路地から数人の男達が飛び出してきた。

「新選組副長・土方歳三だな?」
「そうだが、お前ら何者だ?」
「池田屋で死んだ仲間の仇、ここで討たせて貰おう!」
「長州の残党がまだいやがるとは、面白ぇ・・」

歳三は口端を歪めて笑うと、素早く愛刀の鯉口を切った。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2015.04.29 20:22:03
コメント(2) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

ていおうの New! ruka126053さん

絶望のつきあい方。 New! わかつきひかるさん

7番房の奇跡 New! おいら♪♪さん

違いの分かる人と山… New! クレオパトラ22世さん

息子 始めてのアル… New! カエドンさん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1425)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(195)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(2)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(8)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.