1316050 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2015.05.01
XML

千尋が副長室から出て廊下を歩いていると、総司の部屋の前で彼が激しく咳込む音が聞こえた。

「沖田先生、大丈夫ですか?」
「ええ、暫く経ったら収まりますから・・」

そう言って千尋に笑みを浮かべた総司だったが、その笑みはすぐに歪んだ。
彼の白い両の掌は、血で赤く染まった。

「すぐに副長を呼んでまいります。」
「やめてください。土方さんには知らせないで。」
「ですが・・」
「あの人には、知らせたくないのです。」
「沖田先生・・」
「もう、あの人が苦しむ顔は見たくないのです。どうか、わたしの病状はあの人には伏せておいてください。」
「わかりました。」
「有難う、荻野君。」
「これをどうぞ。」

千尋は総司に懐紙を手渡すと、そのまま彼の部屋から出た。

(沖田先生は、もうご自分が長くないことをご存知だ・・)

西本願寺の屯所を出た千尋は、ある場所へと向かった。
そこは、新選組総長・山南敬助が眠る光縁寺(こうえんじ)だった。
千尋は彼の墓の前に立つと、静かに山南に向かって語りかけた。
「こんな時間に訪ねに来てしまって、申し訳ありません。あなたにお願いがあって参りました、山南先生。」
千尋は山南の前に線香を手向け、手を合わせた。
「沖田先生を、どうかお守りください。まだあの方を、あなたの元へ行かせるのは惜しいのです。」

千尋の言葉に返事をするかのように、一陣の風が吹いた。

「随分と煩いと思ったら、雨が降っていたのか。」
鈴江はそう言うと、窓を開けて古都を濡らす雨音に耳を澄ませた。
「雨は嫌いじゃなかったのか?」
「そんなことは一度も言った覚えはないね。こんな雨の夜は、お前と初めて会った時のことを思い出すよ。」
「ふん。あの頃のお前は、まだ可愛げがあったな。」
信は煙管を咥えると、それに火をつけた。
鈴江はクスクスと笑いながら、信の無精ひげを撫でた。
「今夜は抱いてくれないの?」
「気が向かないんだ、勘弁してくれ。」
「つまらないな。」
そう言いながらも鈴江は、信の着流しを脱がしにかかった。
ほつれた彼の髪が、信の頬にかかった。
こうなると、鈴江の欲情が収まらないことを信は知っていた。
信は鈴江の細い腰を掴んで彼を四つん這いにさせた。
「祇園一の芸妓がこんな淫らな姿をしていると知ったら、お前の得意客は憤死するだろうよ。」
「わたしは客に身体は売らないよ。芸は売るけどね。」
口端を薄くつり上げて笑う鈴江を憎々しげに睨みつけながら、信は彼の上に覆い被さった。
信が彼と知り合ったのは、土砂降りの雨が降る夜だった。
博徒だった信は、賭場で諍いを起こし、博徒たちから袋叩きに遭った後、人気のない路地裏で雨に打たれて蹲っていた。
そこを通りかかったのは、舞妓として店だししたばかりの鈴江だった。

鈴江との出会いは、信が果てのない地獄の入り口に立った日だった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2015.05.01 14:13:13
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

夕食は、ガーリック… New! friendly0205さん

科捜研の女19 2… New! みつき2733さん

海外通販でストール… New! romance_holicさん

12月13日 記事… New! 紅子08さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) New! 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1427)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(195)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.