1363638 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.01.08
XML

『タマキ、おはよう。』
『おはようございます、ルドルフ様。』
『その様子だと、また徹夜したようだな?』
『ええ。キリの良い所で仕上げて休もうと思いながらも、結局徹夜してしまいました。』
『二階に行って休んで来い。』
『解りました。』
環が二階の寝室に入って休むと、一階の厨房からルドルフが料理をしている音が聞こえた。
「旦那様がお料理を為さるなんて珍しいですね。」
「そうか?一度、仕事仲間との集まりで時々料理をすることを話したら、皆に怪訝そうな顔をされてしまったよ。日本では、男性が料理をすることがそんなに珍しいものなのか?」
「ええ。日本では昔から、“男女七歳にして席を同じゅうにせず”という儒教の教えがありますからね。男は外で働き、女は家を守るのが仕事だとされておりますし、家の事は女性がすべきもので男性がすべきものではないという考えがございますから、旦那様のような方は珍しいのでしょうね。」
静はそう言って苦笑しながら、ルドルフが作っている目玉焼きを見た。
「ちょっと焦げてしまったな。実は、料理は余り上手くないんだ。今まで、家事全般はメイドに任せっきりだったから・・」
「そうなのですか。」
静はルドルフがどのような経歴の持ち主なのかは知らなかったが、彼が貴族階級出身だという事は、立ち居振る舞いから窺い知れた。
「家事は慣れでございますから、少しずつ旦那様の遣りたいように為さってはいかがですか?」
「そうしよう。」
ルドルフが朝食を作り終えて二階の寝室に居る環の元にそれを運んだのは、朝食を作り始めてから一時間後の事だった。
「タマキ、起きているかい?」
「ええ。ルドルフ様、わたしの為に朝食を作ってくださったのですか?」
「ああ。目玉焼きが少し焦げてしまったが。」
「美味しそうですね。」

環はそう言うと、ルドルフが作った朝食をあっという間に平らげた。

「どうだった?」
「美味しかったです。ルドルフ様、有難うございます。」
「お前からそう言われると、朝食を作った甲斐があったな。」
ルドルフはそう言うと、照れくさそうな笑みを浮かべた。
その時、玄関ホールの方から菊の泣き声が聞こえた。
「どうしたのかしら?」
「わたしが見てこよう。」
ルドルフが一階の玄関ホールへと降りると、そこには静の胸に顔を埋めて泣いている菊の姿があった。
「菊、どうしたんだい?」
「お父様、わたしは貰い子だって本当なの?」
「誰から、そんな話を聞いたんだい?」
いつか菊が自分の出生を知る日が来るだろうと思っていたルドルフだったが、まさかこんなに早くその日が来るなどとは思ってもいなかった。
「隣の席の、厚君から言われたの。お母様と顔が似ていないから、お前は余所から貰われて来たんだろうって。」
「お友達からそんな事を言われたから、学校から帰って来たのかい?」
ルドルフは泣きじゃくる菊を抱き締めると、彼女に部屋で休むように言った。
「旦那様、菊お嬢様の事は・・」
「いつかあの子が自分の出生について知る日が来ることになるかもしれないと思っていたが、まさかこんなに早くその日が来るなんてな・・」

ルドルフはそう呟いた後、溜息を吐いた。

二階の寝室で休んでいた環は、菊が泣きながら部屋に入って来るのを見て驚いた。

「どうしたの菊、学校で何かあったの?」
「お母様、わたしは貰い子なの?」
「いいえ、貴方は貰い子なんかじゃないわ。」


にほんブログ村






Last updated  2016.01.08 17:52:19
コメント(0) | コメントを書く
[完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

さよならのその後に… New! romance_holicさん

なんにもしていない… New! わかつきひかるさん

夫婦で西アフリカ旅… New! friendly0205さん

マネーモンスター New! おいら ^o^さん

2020文楽初春公演第2… New! クレオパトラ22世さん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:衝動買いがすぎる。(01/25) New! クレオパトラ22世さんへ わたしの筆箱…
クレオパトラ22世@ Re:衝動買いがすぎる。(01/25) New! 筆箱ですが、色鉛筆を使っているので底が…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(三十七)(01/21) 株式会社SEES.iiさんへ コメントありがと…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(三十七)(01/21) こんばんは~。 千菊氏もお元気そうでなに…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(197)

グルメ

(503)

読書記録

(1461)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(212)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(40)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(9)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.