000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.10.10
XML
「土方さんを副長室に運ぶぞ!」
「は、はい!」
井戸の前で倒れている歳三の身体を斎藤と千は支えながら、彼を副長室へと連れて行くと、騒ぎを聞きつけた平助達がやって来た。
「平助、山崎君を呼んで来てくれ。」
「わかった。」
歳三を布団の上に寝かせると、千は押し入れの中からリュックを取り出した。
(確か、ここにあった筈・・)
チャックのジッパーを開け、千はその中に手を突っ込むと、ある物を取り出した。
「千、そこで何をしている?」
「薬を探していました。」
そう言った千が握っていたのは、現代から持って来た風邪薬とペットボトルの水だった。
「それは何だ?」
「風邪薬です。これを飲むと風邪がすぐに治ります。土方さんに効けばいいんですが・・」
千は風邪薬のカプセルを掌に載せ、もう片方の手でペットボトルのキャップを開けた。
「土方さん、聞こえていますか?」
枕元の歳三に千がそう呼びかけると、彼は静かに頷いた。
「薬を持って来たので、飲んでください。」
「要らねぇ・・」
歳三は身体を反転させ、千にそっぽを向いた。
激しく咳込む彼の様子がとても苦しそうで、千は歳三の肩を掴んで自分の方へと引き寄せた。
「何すんだ!?」
「薬をお飲みにならないのなら、僕が飲ませます。」
「要らねぇって言ってんだろうが・・」
カプセルを口に含み、その中に水を流し込んだ千は、自分を睨みつけている歳三の唇を塞いだ。
「ぐぅっ!」
歳三は一瞬苦しそうな顔をしたが、水と薬を飲んだ。
千のあまりにも大胆な行動に、斎藤は唖然としていた。
「副長、お待たせいたしました!」
副長室の襖が勢いよく開き、中に入ろうとした山崎は歳三と千が口吸いをしている姿を見て固まってしまった。
「・・お邪魔でしたか。」
「ち、違います!これは仕方なく・・」
「山崎、誤解すんじゃねえぞ!」
歳三は頬を赤く染めながらそう言うと、千を思い切り突き飛ばした。
「てめぇ、いつまで俺とひっついていやがる、さっさと離れろ!」
「はいはい、解りましたよ!山崎さん、後はお願いしますね。」
副長室の襖を閉めて廊下に出た千は、元気を取り戻した歳三の姿を思い出し、口元に笑みを浮かべた。
「千、土方さんは大丈夫なのか?」
「はい。ちょっと斎藤さんと山崎さんにやばい所を見られてしまいましたけど。」
「やばい所?」
「いえ、こっちの話なので、気にしないでください。」
「あ、そうだ、さっき荻野が戻って来たんだよ。今あいつは総司の部屋に居るぜ。」
平助はそう言うと、歳三の様子を見に副長室へと駆けていった。
「荻野さん、居ますか?」
「千君、お入りなさい。」
襖越しに総司の声が聞こえ、千が襖を開けると、そこには女子姿の千尋と意識を取り戻した総司の姿があった。
「沖田さん、意識が戻られたのですね!?」
「ええ。皆さんにはご心配をおかけしました。千君、土方さんはどうしていますか?」
「土方さんなら、風邪をひいてしまって、副長室で休まれています。」
「そうですか。では土方さんのお見舞いに行かないと。」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.10.27 16:09:36
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

#陳夢 #王曼昱 #グラ… New! friendly0205さん

通信添削を利用して… New! わかつきひかるさん

『ラズーン』第六部… New! segakiyuiさん

『2019年10月期・ベ… New! くう☆☆さん

騎士竜戦隊リュウソ… New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1428)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(196)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.