1308837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.10.13
XML

「おかあさん、只今戻りました。」
「お帰りやす。」
屯所で仕事を終えた千尋が『いちい』に戻ると、お座敷から帰って来た鈴江が彼に絡んできた。
「随分と遅かったね、何処へ行っていたの?」
「それは、貴方には関係のない事です。」
「ふぅん、そう。そういえば昼間、西本願寺に呉服屋が来たそうだよ。噂だとあの土方が祝言を挙げるってさ。相手は誰なのだろうねぇ?」
「さぁ、存じ上げません。あの土方の所に嫁入りする女子は、大層肝が据わっている方なのでしょうね。」
千尋は総司と歳三の祝言の事を聞きつけた鈴江から話を振られ、淡々とした口調で答えると、彼は舌打ちして二階の自室へと消えていった。

(壁に耳あり、障子に目あり・・油断できませんね。)

一方、西本願寺にある新選組の屯所では、呉服屋が長崎から取り寄せたウェディングドレスの生地を歳三達に見せていた。

「こちらはエゲレスで最高級のものを取り寄せたものどす。」
「見事なものだな。生地もいいし、刺繍の模様も気に入った。これなら総司に似合いそうだ。」
「おおきに。」
「これは生地の代金とは別に俺からの礼金だ。」
歳三はそう言うと、呉服屋に懐紙で包まれた小判を手渡した。
「うわぁ、綺麗。まさかこんなに早く来るとは思ってもいませんでした。」
副長室に入った千は、畳の上に広げられた純白の生地を見て歓声を上げた。
「これから色々と教えてくれよ、千?」
「はい、喜んで!」
千が歳三と共にウェディングドレスを縫い始めた時、副長室に近藤がやって来た。
「トシ、頑張っているな。」
「あぁ。これを着て総司が喜ぶ顔を早く見てぇんだ。」
「そうか。それにしても千君はどうして縫物が得意なんだ?」
「母がウェディングドレスの職人さんをしていて、昔何度か母の仕事場に行っては母が仕事をする姿を見ていたので、独学で覚えました。それに、裁縫が好きなので、将来は母と同じような仕事に就きたいと思っています。」
「志が高いのはいいことだ。トシ、俺はもう行くぞ。」
「あぁ、気を付けて行けよ、近藤さん。」
会津藩の会合へと向かう近藤を見送った歳三は、再び千とウェディングドレス作りに精を出した。
「西洋の着物は縫う所が多くて大変だな。」
「そうですね。まぁ、僕は和裁の方が洋裁とは勝手が違うので未だに慣れませんね。」
千と歳三がそんな話をしていると、副長室に総司が入って来た。
「綺麗ですね。本当にわたしが着てもいいのですか?」
「いいに決まってんだろう。お前ぇの為に特別にこの生地を取り寄せたんだぜ。」
「何だか夢みたいです、わたしが土方さんのお嫁さんになるなんて。」
総司は嬉しそうにウェディングドレスの生地を撫でると、そう言って笑った。
その横顔を見ながら、千は新選組がこれからどんな運命を辿るのかを知っているので少し居た堪れない気持ちになった。
「どうした、千?」
「いえ、何でもありません。」

(余計な事は考えるな。目の前の事に集中しろ。)

そう自分に言い聞かせ、千は作業を再開した。

その日の夜、千が夕餉の支度を終えて厨から出ようとした時、庭の方から何か物音がした。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.10.26 12:50:40
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

続いています。 New! カエドンさん

忘却バッテリー6巻… New! わかつきひかるさん

グレムリン New! おいら♪♪さん

夜更かしコロとのお… New! クレオパトラ22世さん

夕食は、鶏・蓮根・… New! friendly0205さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) New! クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) New! 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1422)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(194)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(1)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(4)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.