1307651 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.10.16
XML

※BGMと共にお楽しみください。


「今夜は少し飲み過ぎちゃいましたね?」
「あぁ、そうだな。」
祝宴が終わり、初夜を過ごす為副長室へと向かった歳三と総司は、そんな事を話しながら廊下を歩いていた。
自分の隣を歩く総司が、いつもよりも美しく見えて歳三は思わず生唾を呑み込んだ。
「どうしたんですか、土方さん?」
「いや、何でもねぇよ。」
「あ、もしかして今わたしに見惚れていました?」
「う、うるせぇ!」
「ふふ、照れ屋さんなところは昔から変わっていませんね。」
そう言って笑った総司の顔は、何処か輝いて見えた。
「お前ぇ、綺麗だな。」
「そうですか?」
「あぁ、とても綺麗だ。今からお前ぇを抱くのが待ちきれねぇよ。」
歳三は総司を抱き寄せると、彼の唇を塞いだ。
始めは小鳥同士が啄(ついば)むような口づけは、互いの唇を貪り合う激しいものとなってゆく。
「土方さん・・」
「今夜は寝かさねぇよ。」
総司に微笑んだ歳三は、彼を横抱きにするとそのまま副長室に入った。
「土方さん、愛しています。」
「あぁ、俺もだ。」
美しい刺繍が施されたウェディングドレスに縫い付けられた真珠のボタンを一つずつ外しながら、歳三は総司の首筋を強く吸った。
「どうして男として生まれちまったんだろうな、俺も、お前も。」
せめて総司が女として生まれていたら、普通に夫婦になって、子供を作って、平穏な家庭を築けたかもしれないというのに。

神様は、何故自分達に残酷な事をするのだろう。

「わたしは、男として生まれて良かったと思いますよ。だってもしわたしが女として生まれていたら、こうして貴方と肩を並べて京に行くことなんてなくて、ずっと江戸で貴方の帰りを待つだけの日々を送っているだけでしたもの。そんなの、絶対に嫌です。」
「総司・・」
総司の自分を見つめる翡翠の双眸が涙で潤んでいることに歳三は気づいた。
「貴方と出会わなければ、こんなに広い世界を見ることはなかった。だから土方さん、わたしを愛したことを後悔しないでください。」
「総司・・」
総司は、自分の頬を濡らす涙に気づいた。
歳三を見ると、彼は紫紺の瞳から大粒の涙を流していた。
「どうして、俺は泣いているんだろうな?」
「泣いてもいいんですよ。誰も笑いませんから。」
「そうか・・」
「土方さん、わたしも貴方を愛したことを後悔していません。今も、これから先もずっと。」

総司は歳三の黒髪を優しく梳くと、彼からの口づけを受けた。

恋人たちの夜が、静かに更けていった。

翌朝、千が副長室の前に行くと、中から総司と歳三が睦み合う声が聞こえた。

「おはようございます、土方さん。朝餉の支度が出来ました。」
「わかった。後で総司と広間に行くとみんなに伝えろ。」
「はい、解りました。」
千が広間に行くと、斎藤が彼の前に立った。
「千、ちょっと俺と来てくれ。」
「は、はい・・」

斎藤に連れられ、千は人気のない中庭へと向かうと、彼はいきなり千を抱き締めた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.10.29 18:47:29
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

パソコンが固まった New! カエドンさん

純粋なファンとして… New! わかつきひかるさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ホリデイ New! おいら♪♪さん

今日は小休止で体力… New! クレオパトラ22世さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…
千菊丸2151@ Re[1]:マレフィセント(11/30) クレオパトラ22世さんへ 恋愛ではなく…
クレオパトラ22世@ Re:マレフィセント(11/30) 1は読みました。確かに恋愛の愛だけが愛…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1419)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(194)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(0)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(4)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.