1316987 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.10.28
XML

「副長、斎藤です。」
「どうした、何かあったか?」
「蔵の中で例の男を尋問していますが、一向に吐きません。奴は、土方さんを呼べと言っております。土方さんに話したいことがあると・・」
「そうか・・」
蔵で謎の男を尋問していた斎藤からの報告を受けた歳三は、彼と共に蔵へと向かった。
「漸く来たな、土方。」
蔵に歳三が入って来ると、謎の男は口元に不敵な笑みを浮かべて彼を見た。
「お前ぇは何者だ?何故新選組の屯所に忍び込んだ?」
「それは出来ない・・」
男の目が、歳三から斎藤へと移った。
「斎藤、お前は席を外してくれ。」
「しかし副長・・」
「こいつは逆さ吊りで何もできねぇよ。こいつが妙な真似をしたら俺が斬る。」
「解りました。」
斎藤はそう言うと、隊士達を引き連れて蔵から出て行った。
「さてと、邪魔者は居なくなったし、これでお互いに腹を割って話せるな?」
「ああ。自己紹介が遅れたな、俺は薄井亮。俺が新選組の屯所に忍び込んだのは、あんたに話したいことがあったからだ、土方さん。」
「俺に話してぇ事とは何だ、薄井?」
「あんたの恋人・・沖田総司の事だ。あの人は末期の肺結核に罹っている。このままだとあと数年経ったらあの人は死ぬしかない。」
「そんなの、知っているさ。だが、俺は総司の傍に居てやりてぇんだ。あいつの命がある限り、あいつの傍に寄り添ってやりてぇんだ。」
そう言った歳三の紫紺の瞳から涙が流れた。
「俺なら、沖田総司を救ってやる事が出来る。あんたの恋人を、不治の病から救ってやれるんだ。」
「どういう意味だ?」
「こんな事を話せばあんたは信じて貰えないかもしれないが、俺は未来から来た人間だ。俺が居る時代では、肺結核は薬で治るんだ。」
「お前ぇが未来から来た人間・・だと?」
歳三は疑惑に満ちた目で薄井を見た。
彼の言葉は信じがたいものだったが、薄井と同じように未来から来た千の存在を、歳三は思い出した。
千と同級生だった栗田という少年も、彼と同じ未来から幕末へと来た人間だった。
二人以外にも、未来から幕末に来た人間が居るという可能性は高い。
「単刀直入に言おう。薄井、総司を救える方法はあるのか?」
「ああ。あんたの恋人を俺が未来に・・俺が居る時代へと連れて行く。」
「そんな夢物語みてぇな事が出来る訳がねぇだろうが。そんな嘘を吐いて俺を騙そうたぁ・・」
歳三が腰に帯びている和泉守兼定に手をかけようとすると、薄井が慌てて口を開いた。
「今夜オーロラが京の上空に現れる。その時、時空の扉が開く。」
「今の話、詳しく聞かせろ。」
「わかった。でもその前に、俺を下ろしてくれ。」
歳三は舌打ちし、愛刀の鯉口を切ると薄井の足首を拘束している荒縄を切り落とした。
「お前ぇが言う、“時空の扉”ってのは何だ?」
「俺が幕末に飛ばされたのは、京都でオーロラを観察していた時の事だ。普通オーロラは北米や北欧のような寒い所でしか現れないから、珍しいと思ってカメラで撮影しようとした時、地震に遭った。そして、平成から幕末へと飛ばされた。」
「土方さん、千です。入っても宜しいでしょうか?」
歳三が薄井の話を半信半疑で聴いていると、外から千の声が聞こえた。
「俺の他にも、タイムスリップした人間が居るんだな?」
「薄井、お前ぇの話を俺は完全に信じた訳じゃねぇ。だが、お前ぇがもし倒幕派の人間なら、こんな手の込んだ嘘は吐かねぇ。暫くお前の身柄は俺が預かっておく、いいな。」

歳三はそう言うと薄井に背を向け、千を蔵の中へと招き入れた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.10.29 18:47:48
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

時効警察はじめまし… New! みつき2733さん

#水谷隼 #伊藤美誠 #… New! friendly0205さん

「卵庵はしたま」さ… New! 「ねえさん」さん

12月14日 記事… New! 紅子08さん

16話 【Toy Camer… New! 北摂かやさん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1428)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(196)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.