1316816 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.10.31
XML
「沖田さんをこっそりと屯所から連れ出して欲しい?」
「ええ。薄井さんやわたしなら、土方君や沖田君は警戒するでしょうが、貴方は土方君や沖田君からの信頼が厚いでしょうし、少し貴方が嘘を吐いても疑わないでしょう。」
伊東はそう言うと、千の顔を覗き込んだ。
「何をするつもりなんですか、伊東さん?」
「わたしはただ、君が居る世界の事が知りたいだけですよ。そこへ行くには是非とも、沖田君と貴方が行かなくてはいけないのです。」
「どういう意味ですか?」
「ったく、鈍い坊やだな。伊東先生の最初の話を聞いていなかったのかよ?」
薄井が伊東の背後でそう言うと、千に薄笑いを浮かべた。
「僕が貴方の言う通りにしたら、どんな得があるというのですか?」
「まったく、土方君の小姓は主に似て一筋縄ではいかないな。まぁ、君は案外馬鹿ではないようだから安心したよ。」
急に伊東の口調が砕けたものとなり、彼は懐から千のスマートフォンを取り出した。
「君が持っているこの箱は、大変便利なものだね。この箱ひとつで何でも解る。わざわざ間者を敵地に放たなくても、この箱で調べ物をすれば一発で向こうの情報が得られる優れものだ。これを長州や土佐の者に売れば、幕府を倒せるのは時間の問題かもしれない。」
伊東が尊皇攘夷派であり、最近長州の志士達と密会しているという噂が隊内に流れていたが、彼の言葉でそれが事実だと判り、千は恐怖で顔を強張らせた。
「さぁ千、君の答えを聞かせておくれ。わたしと協力するか、それとも土方君の元に仕えるか・・君の返答次第で、沖田君の命がかかっている。」

(表向きは伊東さんに従うふりをして、上手く彼を騙せばいい。問題なのは、土方さんに伊東さんの企みをどう伝えるかだ。)

頭の中で必死にこの状況をどう切り抜けようかと考えた後、千は伊東に向かってこう言った。

「わかりました、貴方に協力致します。」
「よろしい。では今夜子の刻までに、沖田君と共に八坂神社まで来なさい。薄井さん、それでよろしいですね?」
「ああ、いいぜ。」
「千君、もしこの事を誰かに言ったら、貴方の首が飛びますよ?」
「いいえ、誰にも口外致しません。」
千の言葉に満足したのか、伊東は彼を疑いもせずに薄井と共に蔵から出て行った。
蔵から出た千が溜息を吐きながら廊下を歩いていると、そこへ山崎がやって来た。
「千君、さっき伊東さんと例の男が蔵から出て来たんだが・・何かあったのか?」
「山崎さん、実は・・」
千は山崎に、伊東の企みを話した。
「そうか。この事を副長にご報告しないと・・」
「それはやめてください。土方さんに知られたら、伊東さんの思うつぼになってしまいます。伊東さんは、沖田さんを人質にして、僕に仲間になるよう脅しているんです。」
「わかった。では、何かあったらわたしに言え。それと、これを持っていろ。」
山崎がそう言って千に渡したのは、呼子だった。
「これを使う時は、自分の身が危ない時に使え。伊東とその薄井とかいう男が何を企んでいるのかはわからないが、奴らの思い通りにはさせない。」
「有難うございます、山崎さん。」

千は山崎に礼を言うと、彼から呼子を受け取った。

千が広間で夕餉を食べていると、突然周りの隊士達が空を指しながら騒ぎ始めた。

「何だありゃぁ!」
「気味が悪いぜ!」

京の街を覆うかのように、オーロラが上空に現れた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.10.31 16:29:34
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

#水谷隼 #伊藤美誠 #… New! friendly0205さん

「卵庵はしたま」さ… New! 「ねえさん」さん

12月14日 記事… New! 紅子08さん

16話 【Toy Camer… New! 北摂かやさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1427)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(195)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.