1318049 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.11.02
XML
「よく来たね。」

総司と千が八坂神社の鳥居をくぐると、そこには伊東と薄井の姿があった。

「沖田君、あれを御覧なさい。」
そう言って伊東が指した上空には、オーロラの隙間から一筋の光が自分達の元に射していた。
「もうすぐ“時空の扉”が開く。沖田君、これから君は薄井さんと未来に行くんだよ。」
「嫌です、わたしは土方さんとは離れたくありません!」
「君の病はここでは治せない。君は、土方君の足手まといになってでも、彼の傍に居たいと思うのかい?」
「それは・・」
伊東の言葉を聞いた総司の瞳が、大きく揺らいだ。
「土方君だって、ここで薄井さんと共に君が未来へと行くことに心の中では賛成している筈だよ?」
「そうだよ沖田さん、迷っている時間はないぜ?」
伊東と薄井の言葉に、総司は薄井と共に未来へ行くべきかどうか迷っていた。
未来に行けば、労咳が治って歳三と共に居られる。
彼がその生涯を終えるその時まで、彼の傍に居られるのだ。
「・・解りました。」
「沖田さん!?」
「薄井さん、わたしを未来に連れて行ってください。」
「その言葉を聞きたかったよ、沖田君。薄井さん、後は宜しくお願いしますね。」
「ああ、任せとけ。それよりも伊東さん、この餓鬼はどうする?こいつが後であいつらに面倒な事を色々と話したら、あんたもまずいんじゃないか?」
「そうだねぇ・・千君、残念だが君にはここで消えて貰う事にした。」

伊東の言葉を合図に、千の周囲を数人の男達が取り囲んだ。

千は首に提げていた呼子を吹いた。

「斎藤、今の音は何だ!?」
「きっと千が呼子を吹いたのでしょう。副長、急ぎませんと!」
「おう!」
歳三と斎藤が八坂神社へと急いでいる頃、千は刀を抜いた男達に向かって砂を投げた。
「畜生、目が!」
「逃がすか、餓鬼!」
千が男達から必死に逃げていると、総司が薄井と共に社の奥へと進んでいくのが見えた。
「沖田さん、行っては駄目だ!」
「やっちまえ、相手は一人だ!」
千は二人を追いかけようとしたが、男達が彼の前に立ち塞がった。
「そこを退いてください!」
「うるせぇ!」
男達の一人はそう言うと、刃を千の頭上に振り翳した。
だがそれは千に届く前に、男の手から甲高い音を立てながら地面に落ちた。
「千、大丈夫か!?」
「土方さん・・ごめんなさい、僕・・」
「総司は何処だ?」
「沖田さんなら、あそこに・・」

千がそう言って社の奥を指すと、そこは眩いばかりの蒼い光に包まれていた。

「あれは、何だ?」
「恐らく、あの光が“時空の扉”だと思います。」
「総司、行くんじゃねぇ!」

自分の仲間を殺された男達を一人ずつ斬り伏せながら、歳三が光の中に向かって叫んだ時、彼の全身が突然蒼い光に包まれた。

(何だ、こりゃぁ・・)

自分の身に起きた異変に気づいた歳三がふと千の方を見ると、彼も蒼い光に包まれていた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.04.24 15:43:18
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

みがわりに New! ruka126053さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

アバウト・ア・ボーイ New! おいら♪♪さん

スカイライン-奪還 New! カエドンさん

今日はお寺へ行って… New! クレオパトラ22世さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:腱鞘炎と創作活動。(12/15) New! クレオパトラ22世さんへ そうですね、…
クレオパトラ22世@ Re:腱鞘炎と創作活動。(12/15) New! 腱鞘炎は長引くと厄介なので、無理をしな…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1428)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(197)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(13)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.